東北の太平洋側 まもなく満潮時刻 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北の太平洋側 まもなく満潮時刻

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
満潮時刻

満潮時刻

東北の太平洋側はまもなく満潮時刻を迎えます。宮古は午後3時9分、石巻は午後3時19分、小名浜は午後3時33分です。海岸や河口付近では浸水や冠水のおそれがあります。高潮に厳重な警戒を。

高潮が発生する恐れ

大型で強い台風10号は、午後2時現在、いわき市の東110キロの海上を北北西へ進んでいます。中心気圧は965hPaです。このあとも台風10号は中心気圧965hPaを維持しながら北北西へ進み、夕方にかけて東北地方に上陸する見込みです。東北の太平洋側はまもなく満潮時刻を迎えます。宮古は午後3時9分、石巻は午後3時19分、小名浜は午後3時33分です。今は大潮に近い時期で、台風の接近と満潮時刻が重なり、高潮が発生する恐れがあります。午後2時現在、福島県や宮城県、岩手県の沿岸部に高潮警報が発表されています。海岸や河口付近では浸水や冠水のおそれがあります。今夜9時頃にかけては高潮に厳重な警戒が必要です。

満潮すぎても高潮に警戒

台風の風は反時計回りで、一般に進行方向の右側で強くなっています。そのため、陸地に入り込んだ湾においては、台風が西側を北上した場合に南風が吹き続けて高潮が起こりやすくなります。特に遠浅で、南に開いた湾において、台風が湾の西側を北上した場合に高潮が発生することが多くなっています。台風の中心が近づき、気圧が下がると、海面が吸い上げられて潮位が高くなります。また、中心周辺の風の強い部分が近づくと、吹き寄せ効果でも潮位が上がります。台風10号は中心気圧が965hPaと低く、中心付近の最大風速も35メートルと依然、強い勢力を維持しており、台風の中心が近づくと、急激に潮位が上昇する恐れがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい