台風10号 今後の雨と風の見通し 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号 今後の雨と風の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
台風進路図

台風進路図

強い台風第10号は、昼過ぎから夕方にかけて東北地方に接近し、上陸するおそれがあります。台風の接近に伴い、北日本では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなり、猛烈な雨が降る見込みです。暴風や高波、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害、高潮に厳重に警戒してください。

台風10号の実況と今後の進路

強い台風10号は、30日5時には銚子市の東南東約330キロにあって、1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35メートルで、中心の東側170キロ、西側70キロ以内では25メートル以上の暴風となっています。このあと、台風10号は北日本や関東地方に接近し、昼過ぎから夕方にかけて、強い勢力を保ったまま暴風域を伴い東北地方に上陸するおそれがあります。

北日本を中心に大雨

北日本を中心に、31日にかけて非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降るところがあるでしょう。
31日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
東北地方     350ミリ
北海道      250ミリ
北陸地方     120ミリ
関東甲信地方  100ミリ
の見込みです。
特に、北日本では降水量がかなり多くなり、平年の8月1ヶ月分の降水量を超えるおそれがあります。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害に厳重に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

暴風と高波に警戒

東北地方の太平洋側や関東地方の海上では、うねりを伴い大しけとなっています。このあと、台風の接近に伴って、風が急に強まり、北日本では猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなる見込みです。東日本でも、非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。
31日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
東北地方    35メートル(50メートル)
北海道地方  30メートル(45メートル)
関東地方   23メートル(35メートル)
31日にかけて予想される波の高さは、
東北地方          10メートル
北海道地方、関東地方  8メートル
の見込みです。
暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。
また、北日本では、台風が接近する昼過ぎから潮位の高くなる所があるでしょう。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に厳重に警戒してください。日本気象協会 気象予報士 森康祐


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい