台風10号 関東の沿岸が強風域に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号 関東の沿岸が強風域に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
台風進路予想図

台風進路予想図

台風10号が関東の南東海上を北上中。30日午前3時現在、関東の一部が強風域に入りました。台風10号は今後も北上を続け、30日夕方から夜にかけて東北地方に上陸する見込みです。最新の台風情報・気象情報にご注意下さい。強い台風10号は30日午前3時現在、銚子市の南東約380キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東に進んでいます。中心の気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35メートルです。また、中心の東側170キロ、西側70キロ以内では25メートル以上の暴風、中心の南東側560キロ、北西側390キロ以内では15メートル以上の強風となっていて、千葉県の沿岸の一部が台風の強風域に入ったとみられます。台風10号は、このあと30日夕方から夜には東北地方に上陸する見込みです。最新の台風情報・気象情報にご注意下さい。

埼玉県に土砂災害警戒情報

降り続く大雨のため、埼玉県秩父市では土砂災害の危険度が高まっています。熊谷地方気象台は午前4時10分に土砂災害警戒情報を発表しました。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意してください。
【土砂災害警戒情報とは】
大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、市町村長が避難勧告等の災害応急対応を適時適切に行えるよう、また、住民の自主避難の判断の参考となるよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁(気象台)が共同で発表しています。
日本気象協会 気象予報士 森康祐


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい