台風10号 北海道に近づく 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号 北海道に近づく

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
台風の予想進路

台風の予想進路

降水量の予想

降水量の予想

風の警戒期間

風の警戒期間

波の警戒期間

波の警戒期間

台風10号は、30日夜から31未明にかけて、北海道に近づく見込みです。大気の状態は不安定となり、29日から30日にかけては太平洋側東部を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。さらに、30日から31日は、太平洋側や日本海側南部を中心に非常に激しい雨が降る見込みです。また、東よりの風が非常に強く吹く恐れもあります。

雨の予想

道内では、きょう29日も道東方面を中心に雨が続いており、釧路川・新釧路川では「はん濫注意情報」が継続しています。夜にかけて道東方面では雨が続き、オホーツク海側や太平洋側西部でも広く雨が降り出す見込みです。日本海側では29日いっぱいは山沿いで弱い雨が降る程度でしょう。30日から31日は太平洋側やオホーツク海側の山沿いを中心に1時間に30ミリ~40ミリとバケツをひっくり返したような激しい雨の降り方となり、大雨となる恐れがあります。日本海側も南部を中心に雨の量が多くなる予想です。特に30日夜からは、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに警戒が必要となります。

風の予想

北海道では、きょう29日は太平洋側を中心に東よりの風がさらに強まってきます。あす30日も太平洋側を中心に風が強く、立っていられないような突風が吹く恐れもあります。また、台風の接近に伴いあさって31日は広い範囲で暴風となる見込みです。屋外にある飛びそうな物はきょう29日のうちに屋内へしまうようにしましょう。

波の予想

あす30日は、太平洋側ではうねりを伴い6~8メートルの大しけ、日本海側やオホーツク海側も4メートルのしけとなるでしょう。あすの昼ごろから、高潮による低い土地の浸水などに警戒が必要となります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい