近畿、東海、北陸は猛烈な雨に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿、東海、北陸は猛烈な雨に警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
気象衛星と雨雲レーダー

気象衛星と雨雲レーダー

中国や四国地方を活発な雨雲が通過中です。雨雲はゆっくり東へ動くでしょう。近畿は夕方にかけて、東海や北陸は夕方以降に活発な雨雲がかかり、局地的に猛烈な雨の降る恐れがありそうです。

29日 近畿、東海、北陸は大雨の恐れ

きょう(29日)は、西日本の上空にこの時期としては冷たい空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっています。午前4時15分までの一時間に、高知県魚梁瀬(ヤナセ)では85.5ミリの猛烈な雨を観測しました。日本海側から太平洋側にかけて、南北に延びる活発な雨雲がありますが、この雨雲の下では局地的に猛烈な雨の降る恐れがあります。この雨雲の動きは比較的遅いので、長い時間同じような所で降り続く恐れもあります。中国や四国は昼前まで、近畿地方では夕方にかけて、東海や北陸も夕方以降は雨で、局地的には雷を伴い猛烈な雨が降る恐れがあるでしょう。あす朝までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所ですが、近畿は250ミリ、東海は200ミリ、四国は180ミリ、中国地方や北陸は100ミリです。猛烈な雨が降ると、道路はたちまち川のようになりますし、傾斜地は土砂災害が発生しやすくなります。落雷や突風の恐れもありますので、真っ黒い雨雲が近づいて来たり、ゴロゴロと雷の音が聞こえてきたら注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい