台風10号強い勢力のまま本州接近か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号強い勢力のまま本州接近か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
台風10号 予想進路

台風10号 予想進路

台風10号は28日午前3時現在、南大東島の東 約450kmを、東北東に毎時15kmで進んでいます。このまま進むと明後日30日には本州付近に接近または上陸する恐れが引き続きあります。

台風10号(今とこれから)

台風10号は、28日(日)午前3時現在の最新情報です。
★引き続き「非常に強い」勢力を保っています。
台風10号は、28日(日)午前3時現在、南大東島の東海上を、1時間におよそ15キロの速さで東北東へ進んでいます。
中心付近では、気圧945hPa、最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/s。
暴風半径は中心から130km、強風半径は南東側500km、北西側390kmとなっています。
※暴風半径:風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲。
※強風半径:風速15m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲。
★今後の予想
◎29日午前3時(父島の北西)
「非常に強い」 進行方向: 北東へ: 25km/h。
中心気圧: 935hPa。最大風速(中心付近)45m/s。最大瞬間風速: 65m/s。
暴風警戒域:300km
◎30日午前3時(銚子市の南東)
「強い」 進行方向: 北北東へ25km/h。
中心気圧: 945hPa。最大風速(中心付近)40m/s。最大瞬間風速: 60m/s。
暴風警戒域:430km
◎31日午前3時(秋田沖)
進行方向: 北北西へ35km/h。
中心気圧: 970hPa。最大風速(中心付近)30m/s。最大瞬間風速: 45m/s。
暴風警戒域: 480km

暴風域を伴ったまま接近も

しばらくは、移動速度が20km/h弱ですが、28日(日)は次第に速度を上げながら北東へ進む見込みです。
29日(月)夜から30日(火)午前にかけて、関東の南東海上で北から次第に北西に向きを変えて、30日(火)は暴風域を伴ったまま、東北から関東・東海にかけて接近、または上陸する恐れがあります。
台風10号の特徴は、接近するにつれて、強い風の範囲が広がる恐れがあるということと、暴風域を伴ったまま近づく恐れがあることです。台風が接近する前や上陸前から、風が強まる恐れがありますので、身の回りの暴風対策が必要な方は早めになさってください。

九州北部から近畿 局地的に大雨

28日(日)は、九州上空にこの時期としては冷涼な空気が流れ込んで、ゆっくり東に移動する見込みです。
九州北部、中国、四国、近畿は、台風から離れてはいますが、地上付近には台風からの高温で湿った空気が流れ込むために、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。台風が接近や上陸するだけでも、もちろん危険ですが、台風の行く手に前線が停滞していたり、上空に寒気が流れ込んでいる場合は、発達した積乱雲が発生しやすくなるため危険度がアップします。
しかも、この先は積乱雲が同じような場所や地域で次々に発生する可能性があるため、局地的な大雨に要注意・警戒といえるのです。台風から離れているようでも局地的に大雨に備えて、早めに対策をなさってください。
日本気象協会 気象予報士 高橋 則雄


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい