北海道 土日も前線による大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 土日も前線による大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
26日12時の天気図

26日12時の天気図

26日午後2時の道内の気温

26日午後2時の道内の気温

土曜日の前線の様子

土曜日の前線の様子

日曜日の前線の様子

日曜日の前線の様子



再び100ミリ超えの大雨に

きょう26日(金)は北海道を前線が通過しています。この前線があす27日(土)にかけて北海道の東に停滞するため、前線に近い釧路や根室地方など道東で大雨となります。1時間に50ミリの滝のような非常に激しい雨が降り、27日(土)の正午までの24時間の雨量は多い所で150ミリに達します。これまでの大雨の影響がまだ残っているため、引き続き土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

夏と秋のせめぎ合い!?

この前線の南側には夏の空気が、北側には秋の空気があります。
きょう26日(金)午後2時の気温は、前線が通過した日本海側やオホーツク海側では、日中でも気温が20℃以下の所が多く、涼しくなっています。札幌の気温は20.6℃でした。
日曜日にかけて、夏の空気と秋の空気のせめぎ合いが続きます。

前線の行方は?

あす27日(土)にかけては、北海道付近は秋の空気に包まれ、カラッと晴れる所が多くなります。
最低気温は15℃前後で、窓を開けたまま寝ると寝冷えをしてしまうかもしれません。
最高気温も25℃くらい、東部は20℃前後で平年並みか4℃ほど低く、過ごしやすいでしょう。
28日(日)になると、南にある台風が前線を押し上げ、再び夏の空気が流れ込んできます。
再び曇りや雨の所が多く、日中は蒸し暑くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい