台風10号 27日に「猛烈な」強さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号 27日に「猛烈な」強さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
台風5日進路予報(2016年8月25日16時20分発表)

台風5日進路予報(2016年8月25日16時20分発表)

気象衛星による台風10号の雲のようす(2016年8月25日20時観測)

気象衛星による台風10号の雲のようす(2016年8月25日20時観測)

台風の強さの階級と今回の台風10号の階級

台風の強さの階級と今回の台風10号の階級

台風10号に関する今後の影響と注意点(27日と28日の予想天気図)

台風10号に関する今後の影響と注意点(27日と28日の予想天気図)

非常に強い台風10号は、あさって27日には”猛烈な”勢力まで発達する見込みです。さらに29日から30日には本州に上陸する可能性もあります。まだ先日の台風9号による大雨の影響が残っている地域では、これまで以上に土砂災害や浸水害に注意が必要です。

南西からぐるりと向きを変えて北上

日本の南海上で迷走をしていた台風10号(ライオンロック)は、きょう25日15時現在、南大東島の南約260kmの位置でゆっくりと南西に進んでいます。中心付近の気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sで”非常に強い”勢力まで発達しています。あす26日までほぼこの位置にとどまった後、あさって27日にはぐるりと進路を東北東に変え、ゆっくりと北上する見込みです。さらに最新の台風5日進路予想によると、29日から30日にかけて本州に上陸する可能性があります。
なお、台風の動きが非常に複雑で、進路予想が変わる可能性があります。最新の情報に注意するようにしましょう。

27日には”猛烈な”台風へ

さらに27日15時には、北上するタイミングにあわせて、”猛烈な”台風にまで発達する予想となっています。台風の強さをあらわす階級で”猛烈な”はもっとも強い階級にあたります。現在台風がある海域は、例年よりも海水温が高い状態となっており、台風が維持・発達しやすい状態となっています。そのため、暖かい海水からたっぷりエネルギーを蓄えた台風10号は徐々に勢力を強めて、次第に日本列島に近づく見込みです。

日本列島への影響は27日から、接近前から要注意

台風による日本列島への影響は27日からではじめ、太平洋沿岸ではうねりが入る見込みです。予想されている各地への影響は以下のとおりです。
【東海~関東地方への影響】
●雨
27日から、南海上から暖かく湿った空気が流れ込むため、台風の接近・上陸前から山間部を中心に大気の状態が不安定となり、雷を伴った激しい雨の降るところがあるでしょう。その後、台風本体の雨雲の影響を受ける地域では、降水量が多くなることが予想されます。
●風
今後、強風域が大型化することが予想されています。接近時は風による影響が長引く可能性があります。

台風9号の影響が残っている地域ではより注意が必要

東日本を中心に、先日の台風9号による大雨で地盤が揺んだり、河川の水位がまだ高い地域があります。そのため、いつも以上に土砂災害や浸水害に注意が必要です。また、沿岸部での越波や高潮、強風などにも十分注意してください。
(日本気象協会 気象予報士 瀬田繭美)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい