甲子園 最も暑い決勝戦に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

甲子園 最も暑い決勝戦に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
試合開始時(14時)の兵庫県の気温の様子

試合開始時(14時)の兵庫県の気温の様子

今日21日は兵庫県西宮市にある甲子園球場で、高校野球の決勝戦が行われました。球場最寄りの神戸市で最高気温37度2分を観測。過去、最も暑い中での決勝戦になりました。今日21日は東北南部から九州、沖縄にかけて広く晴れました。強い日差しと台風が持ち込んだ暑い空気の影響で気温が上昇。東北南部では台風一過となり、午前中からすでに多くの所で30度を超え、最高気温は福島県福島市で36度4分。宮城県仙台市で35度3分と今年初めての猛暑日になりました。
東海から九州、沖縄は朝からギラギラと強い日差しが照りつけ、酷暑に。全国で最も気温が上がったのは大分県犬飼町(いぬかいまち)の37度8分でした。高校野球の決勝戦が行われた、甲子園球場では「熱く」「暑い」戦いと観戦になりました。最高気温は西宮市最寄りの神戸市で37度2分を観測。高校野球史上、最も暑い決勝戦になりました。(現地で観戦した日本気象協会木村健一氏によりますと、きょうの甲子園はいつもの浜風とは逆の風向きで、強めに吹いていたとのこと。)

東海から西は酷暑続く

22日の最高気温は高知は37度、大阪と高松、鹿児島は36度、神戸は35度、名古屋34度の予想です。東海から九州、沖縄は酷暑が続くでしょう。こまめに水分や休憩をとるなど、熱中症には十分注意なさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい