台風の卵が北上 関東から北海道に影響 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風の卵が北上 関東から北海道に影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
20日午前9時の予想図   

20日午前9時の予想図   

日本の南には熱帯低気圧(台風の卵)があり、ジワジワと北上中。この周辺の高温多湿な空気の影響で、関東や東北、北海道では、今夜から明日にかけて雨の範囲が広がる。道路が川のようになるほど激しく降る所も。

関東から北海道 今日の昼は晴れ間も 夕方以降 所々で雨

北海道や東北、関東にかけて、今日の昼間は晴れる所が多い見込みです。ただ、夕方以降は、熱帯低気圧周辺の湿った空気が流れ込んできて、所々で雨が降るでしょう。カミナリの鳴る所もありそうです。

明日 さらに不安定に

明日は、一日を通して大気の状態が不安定で、各地、午前も午後も急な雨に注意が必要です。特に雨雲が発達しやすい時間帯は、関東と東北南部は「未明から昼前後」、東北北部と北海道は「昼頃から夜遅く」です。道路が川のようになるほど、激しく降る所もあるでしょう。車の運転は十分な注意が必要です。アンダーパスなど、低い所を通る道路は冠水する危険性もあります。また、川では、その場で雨が降っていなくても、上流の激しい雨の影響で急に流れがはやくなったり、水かさが増すおそれがありますので、むやみに近づかないようにして下さい。

北海道 日曜日にかけて雨の量が増える恐れも

日曜日は、関東と東北では、にわか雨の所はあるものの、激しく降る可能性は小さくなります。ただ、北海道は、熱帯の空気がさらに流れ込みやすくなるために、「道東」を中心に雨で、雨脚が強まる恐れがあります。北海道では台風7号による大雨で地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害に十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい