関東 18日も不安定 広く雷雲が発達 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 18日も不安定 広く雷雲が発達

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東甲信地方は18日も大気の状態が非常に不安定になるでしょう。広い範囲で雷雲が発生する見込みです。平野部でも所々で雨や雷雨になり、局地的にはバケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。

17日夜も非常に激しい雨に注意

関東甲信地方には台風7号が残した熱帯の湿った空気が入っています。上空には寒気が流れ込んでおり、大気の状態が非常に不安定になっています。17日、午後6時半現在、内陸部を中心に雨雲が発達しています。17日夜遅くにかけては平野部でも所々で雨や雷雨になるでしょう。急な雨や落雷、突風にも注意が必要です。

18日も大気の状態が非常に不安定

関東甲信地方は18日(木)も湿った空気と上空の寒気の影響を受けて、大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。広い範囲で雷雲が発生し、平野部でも所々で雨や雷雨になるでしょう。局地的には1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込みです。
激しい雨とはバケツをひっくり返したような雨で、傘をさしていてもぬれてしまうような降り方です。道路が川のようになってしまうこともあります。アンダーパスなど低い道路の冠水に注意して下さい。
落雷や突風などの恐れもありますので、活発な雨雲が近づく場合は建物の中に移動するようにしましょう。活発な雨雲が近づく様子は下記リンクの豪雨レーダーなどが役立ちます。
最高気温は30度前後の所が多く、今日ほどは上がらないでしょう。猛暑にはなりませんが、湿気が多く、かなり蒸し暑く感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい