関東 台風7号による雨や風のピークは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 台風7号による雨や風のピークは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風7号は15日午後9時現在、八丈島の南東約550キロを1時間におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいます。このあと、関東地方に次第に近づく見込み。関東地方の雨や風のピークについて以下にまとめました。

関東地方 雨や風のピークは?

台風7号は15日午後9時現在、八丈島の南東約550キロを1時間におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいます。
このあと、関東地方に近づく見込み。
最新の台風情報ですと、関東地方に最も近づくのが、16日(火)夜から17日(水)明け方にかけて。
この時間帯が雨や風のピークとなりそうです。
台風が近づく前の16日(火)お昼頃から、先行する雨雲が関東地方にかかりはじめます。
夕方以降は次第に台風本体の活発な雨雲が関東地方にかかってくるでしょう。
そして、17日(水)明け方まで、雷を伴った激しい雨が降り、大雨になる所がある見込みです。
土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水、落雷や突風などにご注意ください。
また、17日(水)、お盆休み明けの通勤は、交通機関に大きな乱れが生じる可能性があります。
最新の交通情報を確認するようになさってください。
風が強まるということで、海上は大しけとなる恐れがあります。
沿岸部では、高波に注意し、海岸付近には絶対に近づかないようにしてください。
台風7号が関東地方を離れた後も、17日(水)夕方頃までは、風の強い状態は続きますので、強風にはご注意ください。

迫る台風への準備

台風は事前に準備ができる災害です。
今から準備をしっかりとして、迫る台風への対策をしておきましょう。
①非常用品が揃っているかどうか確認をする。
②水害に備え、側溝や排水溝の掃除をしておき、水はけをよくする。
③最新の台風情報をこまめにチェックする
④窓や雨戸の補強をする
⑤ライフラインが途絶えた時のために、スマートフォンを前もって充電しておいたり、飲料水を事前に準備しておく。
など、一人一人が「自分たちの身は自分たちで守る」という意識をもって、台風への備えをしておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい