北海道 台風7号の影響も? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 台風7号の影響も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
画像をクリックすると今の雨雲の状況がチェックできます

画像をクリックすると今の雨雲の状況がチェックできます

明日の北海道付近には南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が非常に不安定となります。全道的に雨で、雷雨や激しい雨となる所があり、竜巻など激しい突風の発生する恐れがあります。天気の急変や大雨による低い土地の浸水、土砂災害などに注意が必要です。

16日の北海道は天気の急変に注意!

明日16日の北海道付近には、関東方面に近づく台風7号からの暖かく湿った空気が、千島の東海上にある高気圧の縁辺の気流に乗って北海道付近に流れ込む影響で、大気の状態が非常に不安定となります。
そのため、台風6号の影響が小さかった日本海側でも雨が降り、全道的に雨となります。雷を伴って1時間に30ミリから40ミリと激しい雨の降る所があり、竜巻など激しい突風が発生する恐れもあります。天気の急変に注意が必要です。

雨や風に注意が必要な時間帯の目安

【急な強い雨・落雷・ひょう・竜巻などの激しい突風の恐れ】
渡島・檜山地方:未明から夜遅くにかけて
胆振・日高地方:朝から夕方にかけて
オホーツク海側:昼前から夜のはじめ頃
宗谷地方:昼過ぎから夜のはじめ頃
【下記は、激しい雨・大雨による低い土地の浸水・土砂災害にも注意】
釧路・根室・十勝地方:朝から夕方にかけて
上川・留萌、石狩・空知・後志地方:昼前から夜遅くにかけて

台風7号の備えも明日のうちに

台風7号は17日の夜から18日の朝にかけて北海道付近に近づき、通過する見込みです。
15日午後6時発表の最新の台風情報では、予報円の中に北海道が全部入っています。予報円の東よりの進路であれば、台風6号と同様に太平洋側東部やオホーツク海側が荒れた天気となります。一方、予報円の西よりの進路であれば札幌を含めた日本海側や太平洋側西部が雨の中心となります。台風の最新情報にも注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい