京都「五山送り火」の天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

京都「五山送り火」の天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#夏休み
出町柳駅近くの加茂大橋からは「大文字」と「法」が見えます。おススメスポットのひとつです。

出町柳駅近くの加茂大橋からは「大文字」と「法」が見えます。おススメスポットのひとつです。

五山の送り火に向けて準備が進められています。(8月12日撮影)

五山の送り火に向けて準備が進められています。(8月12日撮影)

最新の情報は画像をクリックしてください。

最新の情報は画像をクリックしてください。

8月16日夜、京都では「五山送り火」が行われます。お盆に迎えた精霊を冥府へ送る行事で、京都市内の5つの山々に、かがり火による文字が浮かび上がります。雨天でも行われる行事ですが、今年の天気は?

五山の送り火

毎年8月16日に行われる行事です。市内の東に位置する大文字山(如意ケ嶽)の「大文字」が有名ですが、そのほか松ケ崎西山・東山の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近にある大文字山(大北山)の「左大文字」、および嵯峨鳥居本曼茶羅山の「鳥居形」があります。20時に「大文字」が点火され、5分後に「妙法」、以下5分おきに「船形」「左大文字」「鳥居形」と、順に火がついていきます。点火から大体30~40分間、夜空を焦がす文字を見ることができます。

雨天でも中止にならず

お盆に迎えた精霊を冥府に送り返す行事になるため、雨天でも基本中止にはなりません。近年では、1963年に豪雨により「大文字」のみ点火できなかったことが新聞記事に残っています。

今年の天気は?

先週の京都は夕立もなく安定した晴れの天気が続きましたが、今週は南から湿った空気が流れ込み、夕立が発生しやすくなる見込みです。16日は、日中から雲が多くすっきりしない天気になりそうです。雨が降る可能性も高くなってきました。さらに、蒸し暑さも加わります。お盆が過ぎてもまだまだ暑い京都、20時頃でも気温が30度近くある日もあります。人の熱気で一段と蒸し暑くなりますので、夜でも暑さ対策を忘れずにお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい