どこも高温 お墓参りは暑さに注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

どこも高温 お墓参りは暑さに注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
お盆の入り 天気や気温のポイント

お盆の入り 天気や気温のポイント

全国どこもかしこも暑くて熱帯地域のようです。お墓参りや屋外のレジャーは暑さに注意を。午後は山沿いで局地的に雨雲発生。黒い雲、急に吹きぬける冷たい風などが合図。

暑さはどれくらい??天気の注意点は??

13日(土)は月遅れ盆の入りですね。お墓参りに行かれる方も多いと思いますが、
注意すべきなのは暑さ(全国的)と急な雨や雷雨(山沿い)です。
きょうも日本付近は熱い空気に覆われます。
特に九州から近畿にかけては最高気温が35度以上の猛暑日が続出しそうです。
関東から東北にかけても32度前後で厳しい暑さでしょう。
北海道も30度を超える所がありそうです。どこへ行っても暑いですね。
お墓参りなどお盆の行事で屋外に長くいる方や、屋外のレジャーを予定されている方は
こまめな水分補給や休憩を心がけて、熱中症にならないように注意をしてください。
室内や移動中の車内でも、熱中症に注意が必要です。
運転中は水分補給するタイミングがなかなかないかもしれませんね。
塩飴を用意すると良さそうです。また、信号などで止まった時にしっかり水分を摂取するようにしましょう。
昼過ぎ以降は山沿いを中心に局地的に雨雲やカミナリ雲が発生しそうです。
ここで天気急変の合図を再確認しておきましょう。
★黒い雲が近づいてきて空が急に暗くなる時
★冷たい風が急に吹き抜ける時
★雷の鳴る音が聞こえたり、稲光が見えたりした時
下流域で晴れていても、上流域(山側)で天気が急変して激しい雨が降ると、
下流域でも急に水かさが増すことがあるため、川のレジャーはご注意下さい。
上流域(山側)で発達した雨雲が発生している時や雷の鳴る音が聞こえるような時は、
早めに川から離れるようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい