10日夜 首都圏でも非常に激しい雨か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

10日夜 首都圏でも非常に激しい雨か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックすると最新の豪雨レーダー

図をクリックすると最新の豪雨レーダー

図をクリックすると、全国の天気へ

図をクリックすると、全国の天気へ

神奈川県の周辺で雨雲が発達し、午後6時までの1時間に相模原市中央区で82ミリの猛烈な雨を観測しました。首都圏でも、10日夜遅くにかけては首都圏でも非常に激しい雨や雷雨に、また11日朝までは、にわか雨にご注意ください。

関東のあちこちで雨雲発生

10日は、関東地方で猛暑日の所は少なかったものの、湿気が多く厳しい暑さが続きました。夕方頃からは、雨雲の元になる湿った空気が入っている上、風が収束している所で、雨雲が発達しています。午後6時現在、神奈川県内のあちらこちらで雨雲が発達し、相模原市中央区では1時間80ミリ以上、海老名市で50ミリ以上の滝のような雨を観測しました。発達した雨雲の下では、雨脚が強まっています。風が弱いため、雨雲が同じようなところにとどまりやすくなっています。また、神奈川県や東京都多摩地方には大雨、洪水警報の出ている所があります。(午後6時現在)
このあと10日夜遅くにかけて、東京都心などでも、1時間に60ミリの非常に激しい雨の降る恐れがあり、低い土地の浸水や河川の増水に警戒が必要です。大雨の降った地域では、むやみに増水した川などに近づかないようにしてください。また、関東地方では11日朝にかけて、雨の降りやすい状況が続きそうです。突然の雨に引き続きご注意ください。
また、滝のような雨の降った海老名市では、最高気温が36.2度ありましたが、雨で一気に気温が下がり、午後5時21分に25.9度と気温が急降下しました。急に雨が降った地域では、体を冷やさないようにご注意ください。

11日は広い範囲で晴れ 東海から西で危険な暑さ

11日は、関東は午前中中心に、にわか雨の所がありますが、その他は、広い範囲で晴れる見込みです。東海から西の地方では最高気温が35度以上の猛暑日になる所が多いでしょう。佐賀で38度、熊本、京都で37度と猛烈な暑さが予想されています。引き続き、屋内でも熱中症に警戒してください。暑さを感じにくいお年寄りの方は特に熱中症にかかりやすいため、身内の方が時々連絡をとったり、温度計で室温を28度以下に管理をするなど、対策が必要でしょう。
一方、9日は37.7度、10日は34度まで上がった東京は11日は30度の予想で、気温の数字を見るだけでも、だいぶほっとほっとできます。平年をやや下回ります。
北海道や東北は晴れて、10日より気温が上がって、30度前後の暑さになるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい