山の日とお盆休みの天気 熱中症に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山の日とお盆休みの天気 熱中症に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

明日、11日は「山の日」。今週末から「お盆期間」で連休という方も多いと思います。「山の日」〜「お盆休み」にかけても晴れて、厳しい暑さの日が多くなりそうです。各地の天気のポイントと注意点をまとめました。

11日(山の日)の天気は?

11日(山の日)は九州から東海にかけては、広く晴れて猛暑が続くでしょう。最高気温は35度前後まで上がり、体にこたえる暑さが続きそうです。一方、関東は雲が多く、午前中を中心に所々で雨が降るでしょう。最高気温は31度くらいで、日差しがジリジリと照りつける暑さはなく、猛暑にはならない見込みです。東北と北海道も大体晴れて、最高気温は30度前後まで上がるでしょう。

お盆休みも熱中症に警戒を

【沖縄】13日(土)にかけては先島諸島を中心に雨や雷雨になるでしょう。本島地方は晴れ間が広がりますが、急な雨に注意が必要です。14日(日)も雲が多いですが、15日(月)以降は晴れ間が広がるでしょう。広く厳しい暑さが続きそうです。
【九州~東海・北陸】12日(金)~14日(日)は強い日差しが照りつけるでしょう。福岡や大阪は連日の猛暑日予想で、うだるような暑さが続きそうです。15日(月)~16日(火)は雲が多くなりますが、猛暑は収まらないでしょう。
【関東】12日(金)も雲が広がりやすいですが、13日(土)と14日(日)は晴れて、再び体にこたえる暑さに。東京の最高気温は34度、内陸部では35度以上の猛暑日となるでしょう。15日(月)~16日(火)は雲が広がりやすくなる見込みです。
【東北・北海道】12日(金)~14日(日)にかけては大体晴れそうです。最高気温は30度前後まで上がり、暑いでしょう。15日(月)~16日(火)は雲が多くなり、北海道では所々で雨が降る見込みです。前半ほどお出かけやお墓参りに良い日和となりそうです。

車の中でも暑さ対策を

お盆休みも晴れて暑い日が多くなりそうです。熱中症に警戒が必要です。これからお盆にかけて、車での移動も多くなる時期ですが、車の中でも暑さ対策をしっかりとなさって下さい。長い距離を移動するときや、渋滞が考えられるときは、トイレに行きたくならないよう、水分補給を控えてしまう方がいらっしゃると思います。ただ、体を動かさなくても、汗や呼吸などから自然に水分を失ってしまい、脱水症状が始まってしまうこともあります。のどが渇いていなくても、時間を決めて、水分をとるようにしましょう。
また、夏の晴れた日に停めておいた車では車内の温度が50度を超えてしまうこともあります。エアコンを停めてからわずか15分程度で、熱中症指数が危険なレベルに達した、という実験結果もありますので、たとえ短い時間でも子供を車内に残すことは危険です。ペットも置いたままにしないよう気をつけましょう。
高温になってしまった車内の温度を下げるには、エアコンをかけながら一時的に窓を開けて走るのも効果的です。こうすることで、車内の温度が2分程度で、20度くらい温度が下がったというデータもあります。エアコンをかけながら、窓を開けて車内の熱気を出した後、窓を閉めて、エアコンで冷やすと効率的に温度を下げられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい