台風接近 日本列島は猛烈な暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風接近 日本列島は猛烈な暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
クリックすると台風情報が見られます

クリックすると台風情報が見られます

台風5号が接近していますので、関東地方は次第に風が強まり、海上はしけてくる見込みです。また、台風が暖かく湿った空気を運んできます。晴れる所は猛烈な暑さになり、きのう以上に気温が上がる所もあるでしょう。

台風5号 高波や強風の影響は?

大型の台風5号は、8日午前6時には日本の東海上にあって、1時間におよそ30キロの速さで北上しています。このあと、あす(9日)にかけて、関東の東海上から三陸沖に進み、あす(9日)の夜には北海道の南東海上に進む見込みです。
すでに、伊豆諸島や関東地方、東北の太平洋側には、うねりが到達していて、海上はしけとなっています。8日夕方には、関東から東北や北海道の太平洋側にかけて、非常に強い風が吹き、海上は大シケとなる見込みです。
海岸付近は高波の影響を受けて、道路が通行止めになる所があるかもしれません。越波による施設などへの被害にも注意が必要です。また、強風の影響で、沿岸部を走る鉄道に遅れが出るかもしれませんので、早めの対策を取りましょう。

関東と東北の大平洋側 台風の外側の雲がかかる

台風の北上に伴い、台風の外側に広がる雲が、関東や東北の太平洋側にかかりやすいでしょう。時々雲が広がり、夜のはじめ頃にかけて、ざーっとにわか雨の所がありそうです。日中、外出をされる方は雨具を持った方が良さそうです。
一方、北海道は前線が通過するため、大気の状態が不安定になるでしょう。昼過ぎから雲が広がり、北部は雨になりそうです。南西部も午後は所々で雨が降る見込みです。東部も夜は所々で雨が降るでしょう。各地で、雷を伴い1時間に40ミリくらいのバケツをひっくり返したような、激しい雨の降る恐れもあります。あす(9日)までに予想される雨量はいずれも多い所で、日本海側とオホーツク海側は100ミリの見込みです。大雨による土砂災害などに注意して下さい。また、天気のわりに南風の影響で、気温はグンと上がります。旭川や北見は33度など、最高気温は30度前後の所が多い見込みです。

日本列島 猛烈にヒートアップ

九州から東海、北陸、東北の日本海側は晴れて、強い日差しが照りつけるでしょう。気温はグンと上がって、東海や甲信地方では、きのうよりさらに高くなる予想です。名古屋と岐阜、甲府は38度が予想されています。体温を上回るほどの暑さになるでしょう。また、近畿から九州は軒並み猛暑日が予想されています。大阪は6日連続、京都や福岡は5日連続で猛暑日になるかもしれません。また、秋田は2日連続の猛暑日になりそうです。きょうもヒートアップする日本列島ですから、熱中症対策はしっかりを心がけましょう。
あすは台風が持ち込んだ熱帯地方の空気が残るため、きょうと同じか、きょうより暑くなる所があるでしょう。東京の最高気温は36度と、きょうより3度高くなりそうです。今夜は、東北から西の広い範囲で、寝苦しい夜が続く見込みです。

沖縄には別の熱帯低気圧

東シナ海を熱帯低気圧が西寄りにゆっくり進んでいます。このため、沖縄も熱帯低気圧の影響を受けるでしょう。本島地方は日中いっぱい雨で、雷を伴い非常に強く降る恐れがあります。強風や高波にも注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい