北の七夕と 二つの三角形 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

北の七夕と 二つの三角形

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

7日は北海道の広い範囲で月遅れの七夕です。七夕の主役、織姫と彦星を見つけてみましょう。
また、この機会に夜空を散策してみましょう。今年の夏は、星々が作る大小二つの三角形が浮かんでいます。

織姫星と彦星の見つけ方と夏の大三角形

まず織姫星を探しましょう。
午後8時頃、夜空のほぼ真上で光っている明るい星が、織姫星(こと座のベガ)です。
そこからほぼまっすぐ視線をおろすと、空の中ほどにある明るい星が分かります。彦星(わし座のアルタイル)です。
空の暗い所ではこの星の間に二人を分かつ天の川を見ることができます。
また、そして織姫星の左側の方、やや下側にある明るい星、はくちょう座のデネブをつなぐと三角形が見えてきます。
この三角形は夏の大三角形と呼ばれています。
ちなみに絵で見るとコンパクトに見えるかもしれませんが、実際に見ると巨大な三角形です。

コンパクトな三角形

さて、南の空の低い所にも、もう一つ目立った三角形があります。
以前日直予報士でも取り上げた、火星と土星、二つの惑星と、さそり座の一等星(アンタレス)で作られる三角形です。
こちらは小さくまとまっていてとても分かりやすいのではないでしょうか。
こちらの三角形は、今年たまたまちょうど惑星がよい位置にあるためそう見えます。

さて、気になる今夜の天気は

北海道付近は7日夜も広く高気圧に覆われます。
夜は広い範囲で晴れて、七夕にはよい日和となりそうです。
夜8時頃とそんなに遅くない時間で見ることができますので、食事の後にでも家族そろって星空を眺めてみるのはいかがでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい