いよいよ夏の甲子園 猛暑で開幕

2016/08/06 19:40

7日、いよいよ夏の甲子園が開幕。朝から日差しが強く、第一試合開始の頃には30度を超える予想で、厳しい暑さとなるでしょう。熱気の中、熱い戦いが見逃せません。

涙あり、笑顔ありの甲子園・・・待ち遠しかった方も多いのではないでしょうか。いよいよ、兵庫県の西宮市で高校野球が開幕します。応援に行く計画を立てている方もいると思いますが、第一目となる7日、その後の天気について詳しく解説します。
西宮市の3時間天気
西宮市の3時間天気
第一日目 7日の天気は? 第一日目となる7日の天気は、朝からよく晴れる見込みです。6日に比べて、にわか雨の可能性は低くなりますが、万が一に備えて雨具が必要でしょう。応援に行かれる方は、降ればざっと強い雨になりますので、可能性は低くても、念のため雨具があると安心です。 甲子園球場がある西宮市の最低気温は27度、最高気温は35度の予想。第一試合の開始時間は午前10時30分ですが、すでにそのころには30度を超えて、厳しい暑さです。最高気温が観測されるのは、午後2時~3時ぐらいで、35度近くまで上がり猛暑となるでしょう。風は弱いものの、午後からは次第に南西風がやや強まる見込みです。風も涼しいという体感はなく、熱風でしょう。 甲子園名物のかき氷、「かちわり」がぴったりの暑さです。大量に汗をかくことになりそうですから、水分もこまめに補給しましょう。タオルがあると汗を拭いたり、日差しを避けたりと色々と活用できそうです。帽子や日傘、日焼け止めクリームなどで紫外線対策も万全に。
甲子園でも 猛暑続く この先もしばらくは、晴れる日が多くなり、猛烈な暑さの日が多いでしょう。ただ、大型の台風5号が日本の東海上を北上した後、9日、10日頃は風向きが北から西寄りへ変わり、いったん猛烈な暑さはやや控えめとなりそうです。とはいっても、やはり33度前後まで上がるため、甲子園球場で応援するとなれば、体に堪える暑さです。応援に行かれる方は、睡眠や食事などで体調を整えて、めいっぱい応援できる体制にしておきましょう。 過去の甲子園開幕日の記録 過去の甲子園開幕日の気温を、西宮市に近いアメダス地点である神戸市の気温で見てみました。 【昨年の開幕日】2015年は8月6日に開幕。最高気温は33.8度で、平年より2度ほど高めでした。 【大会史上初の2日連続開会式雨天順延】2014年は、当初の予定では8月9日に開幕予定でしたが、台風の影響で2日連続で順延になりました。 【開幕日の猛暑日】2013年の開幕日は8月8日で、最高気温は35.3度でした。2000年以降の開幕日では、2009年8月8日の35.1度に次いで、2回目の猛暑日でした。7日猛暑日となれば、2000年以降の開幕日で、3回目の猛暑日となりそうです。 【最も暑かった猛暑日】1994年の開幕日8月8日の最高気温は、38.8度でした。これは、神戸での統計開始以来最も高い気温で、大会史上最も暑かった日でもあります。

あわせて読みたい

  • きょうも灼熱列島 球児の聖地も猛暑日予想!

    きょうも灼熱列島 球児の聖地も猛暑日予想!

    tenki.jp

    8/6

    甲子園 最も暑い決勝戦に

    甲子園 最も暑い決勝戦に

    tenki.jp

    8/21

  • 残暑は夏本来の気温へ、暑さ疲れに注意

    残暑は夏本来の気温へ、暑さ疲れに注意

    tenki.jp

    8/6

    月曜 西日本中心に体温並みの暑さ

    月曜 西日本中心に体温並みの暑さ

    tenki.jp

    8/9

  • 立秋でも酷暑 土日は更に暑さ増す

    立秋でも酷暑 土日は更に暑さ増す

    tenki.jp

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す