今夜も激しい雨に警戒 不安定いつまで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今夜も激しい雨に警戒 不安定いつまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今日、3日も大気の状態が非常に不安定。九州や関東、東北を中心に活発な雨雲や雷雲が発達しています。今夜にかけても傘が役に立たないような非常に激しい雨の恐れ。

所々で雷雲が発達 記録的短時間大雨情報も

今日、3日(水)も日本付近には暖かく湿った空気が流れ込み、上空には寒気が居座っています。大気の状態が非常に不安定です。九州から北海道の所々で雨雲や雷雲が発達しています。宮城県の栗原市西部付近や岩手県の奥州市西部付近では約100ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が出されました。(※記録的短時間大雨情報とは、現在の雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることをお知らせするために発表するものです。)
今夜にかけても大気の非常に不安定な状態が続きます。雷を伴って、傘が全く役に立たないような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。アンダーパスなどの道路の冠水に注意が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。

大気の不安定な状態いつまで?

明日、4日(木)は湿った空気の流れ込みは続きますが、上空の寒気は次第に北上していく見込みです。今日ほど大気の不安定な状態にはならないでしょう。午後は沖縄や九州から北海道の所々で雨雲や雷雲がわきますが、山沿いが中心に。平地の雨や雷雨は局地的となりそうです。
5日(金)から7日(日)にかけても晴れる所が多く、厳しい暑さになるでしょう。
熱中症に十分な注意が必要です。

来週はまた雨に注意

ただ、今年の太平洋高気圧の勢力の張り出しは安定しません。来週前半はまた低気圧が本州の東の海上に近づいていくる可能性もあり、そうなると再び湿った空気が入りやすくなるでしょう。安定した夏空は貴重となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい