月曜 関東甲信中心 激しい雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

月曜 関東甲信中心 激しい雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックすると最新の衛星画像へジャンプ!

図をクリックすると最新の衛星画像へジャンプ!

図をクリックすると豪雨レーダーへジャンプ!

図をクリックすると豪雨レーダーへジャンプ!

8月のスタートは広く大気の状態が不安定。特に、関東甲信地方中心に局地的な激しい雨に注意が必要。北日本も急な雨や雷雨に注意!

広く大気の状態不安定 局地的な激しい雨に注意!

8月1日(月)も本州付近は湿った空気がたっぷり流れ込み、広く大気の状態が不安定となりそうです。東海から北海道にかけて所々で雨や雷雨。特に、関東甲信や東海を中心に局地的な激しい雨に注意が必要です。
本州付近は高気圧と高気圧の間で気圧の谷の中。その合間をつくように南からは低気圧が北上。湿った空気や上空の寒気の影響を受けます。特に、東海から関東にかけては、昼頃から山沿いを中心に雨雲が発達。風と風がぶつかり平野部でも局地的に雨雲が発達する見込みです。雨雲はバラバラとまばらで雨のやんでいる時間が長い所もありますが油断禁物です!夜遅くにかけて局地的には1時間に50ミリ以上、滝のような雨がザット降ります。このような不安定性の降水の場合は、場所や時間が予想のモデルにより変わりやすいため、こまめに雨雲の動きや豪雨レーダーでチェックするようお願いします。
あすの夕方までに予想される雨量は多い所
伊豆諸島 100ミリ
甲信地方  80ミリ
関東地方  80ミリ
大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要です。西日本は晴れますが、気温が上がる午後は山沿いを中心に急な雨や雷雨に注意して下さい。

急な大雨による被害 過去多数

局地的な激しい雨が降る場合、過去にも大きな被害がでています。「山の雷、川の増水」と言われるように、山で雷雨があると、川の下流は晴れていても急に増水することがあります。急な大雨による過去の被害をみますと、7月下旬から8月にかけて多くなっています。8月1日の雨の降り方には十分な注意が必要です!関東甲信地方は夜遅くにかけて局地的に激しい雨が予想されています。夜は暗くてアンダーパスに水がたまっているのを気がつかず車が走行し影響がでる恐れがあるため注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい