7月最終日 夏空続かない関東・東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7月最終日 夏空続かない関東・東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックすると最新の天気図へジャンプ!

図をクリックすると最新の天気図へジャンプ!

図をクリックすると10日間予報へジャンプ!

図をクリックすると10日間予報へジャンプ!

夏空は束の間!31日(日)は梅雨明け間もない関東や東北で曇りや雨。31日夜以降は大雨の恐れも。今年の夏の高気圧はどこか頼りない?!今後の見通しを解説。

夏空⇒曇りや雨 東・北日本

30日(土)は九州から東北は広く晴れて、30度以上の真夏日地点は660地点以上と、この夏に入って最多!全国の7割で真夏日に!西日本を中心に所々で35度以上の猛暑日となりました。ただ、夏空は長くは続きません。31日(日)は東海から北海道は曇りや雨。夜以降は関東や東北では大雨の恐れもあります。理由は、関東の南海上を低気圧(今後、熱帯低気圧になるかも)が北上してくるから。関東や東北は太平洋側を中心に湿った空気が流れ込むため、31日の午後から雨が降りやすくなり、夜から1日にかけては雨量が多くなる恐れがあります。ただ、低気圧(熱帯低気圧)のコースによって、雨量が変わってきますので最新の気象情報をこまめにチェックお願いします。
一方、北海道付近には前線が停滞するため、雲が広がりやすく所々で雨や雷雨。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。引き続き、土砂災害などに注意が必要です。
西日本は晴れますが、気温が上がる午後は大気の状態が不安定。山沿いを中心に急な雨や雷雨に注意して下さい。

8月スタートは安定した夏空ならず

7月30日までは夏の高気圧がググッと強まりましたが、31日からは高気圧の勢力が弱まり高気圧が東と西に割れる予想です。高気圧と高気圧の間で東日本や北日本は気圧の谷に入るため、少なくとも8月2日頃にかけては曇りや雨となりそうです。東北は7月29日、関東甲信は7月28日に梅雨明けとなりましたが、今年の夏の高気圧はどこか頼りないです。「梅雨明け10日ならず」。今後、夏の高気圧が再び強まっても長続きしない可能性があります。つまり天気が変わりやすくなりそうです。夏休み、外のレジャーを計画されている方も多いと思いますが、こまめに気象情報を確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい