秋の訪れ遅く 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋の訪れ遅く 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

8月から10月にかけて、気温は全国的に高い予想です。特に8月は九州、沖縄から近畿は気温が高く、関東甲信、東海、北陸も平年並みか高い見通しです。9月以降、全国的に残暑が続き、秋の訪れは遅れるでしょう。また、降水量はほぼ平年並みですが、8月は北海道や東北で、10月になると沖縄・奄美で平年並みか多くなるでしょう

気温の見通しは?

8月から10月にかけて、気温は全国的に高い見込みです。特に、九州から近畿にかけてと、沖縄・奄美は8月、9月、10月ともに平年よりも高い予想が出ています。猛暑日や熱帯夜が続出しそうですから、屋外のレジャーや活動はもちろん、屋内でも熱中症に警戒が必要です。関東甲信や、東海、北陸は8月は平年並みか高い見込みですが、9月は平年より高いでしょう。10月は平年並みか高い見込みです。8月は暑さが厳しくなり、9月は残暑が長引くため、体に堪えそうです。北海道や東北は、8月はほぼ平年並みで、暑い日ばかりではなく、時には涼しく感じる日もあるでしょう。ただ、9月は高い予想で、10月は平年並みか高い見込みです。
北日本を含めても、今年は秋の訪れが遅れる傾向にありそうです。

降水量の見通しは?

8月から10月の降水量は、平年並みの所が多く、北海道や東北、沖縄・奄美で平年並みか多い見通しです。
北海道や東北は、8月の降水量が平年並みか多い見込みです。天気は数日の周期で変わりやすく、いつもの夏より雨の降る日が多くなる可能性があります。東北の夏祭りや、北海道へ夏休みのご旅行を計画されている方は、雨具を準備しておいた方が良さそうです。関東甲信から九州にかけてと、沖縄・奄美は、晴れる日が多い見込みです。
9月の降水量は全国的に平年並みで、北海道から東海、北陸にかけてと、近畿から九州の日本海側ほど天気は変わりやすいでしょう。沖縄、奄美では南からの湿った空気の影響で、10月の降水量が多い見込みです。8月、9月、10月は、台風が日本付近を通りやすくなる時期にあたりますので、台風情報にも十分ご注意ください。

秋の訪れ 遅い理由は?

秋の訪れが遅くなる理由は、大気全体の気温が高い状態が続いていて、この大気全体の高温傾向は、10月まで持続する予想となっています。また、先月発表された予報より、アジアモンスーンの対流活動が活発化すると見込まれていて、これに対応して、チベット高気圧の日本付近への張り出しが強くなるでしょう。上空の偏西風の位置は平年よりも北へ偏るため、日本付近は南からの暖かい空気に覆われやすいでしょう。
太平洋高気圧の日本付近への張り出しが強まる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい