九州 残暑長引きそう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 残暑長引きそう

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう、気象台から、8月~10月の3か月予報が発表されました。
九州はこの先3か月を通して気温が高く、本格的な秋の訪れは遅くなりそうです。

3か月を通して気温が高い!

きょう、気象台から、8月から10月にかけての3か月予報が発表されました。
大きな特徴は、「3か月を通して、晴れる日が多く、気温が平年より高い」ということに尽きそうです。
8月は太平洋高気圧が勢力を強めて日本付近に張り出してくるでしょう。
このため夏空が安定し、厳しい暑さの日が多くなりそうです。夏バテをして体調を崩すことのないよう、十分ご注意下さい。
太平洋高気圧の勢力は、9月に入ってもなかなか衰えず、九州には南から暖かい空気が流れ込んでくるでしょう。天気は次第に周期変化するようになりますが、やはり晴れる日が多く、残暑が厳しくなりそうです。
高温傾向は10月にかけても続き、本格的な秋の訪れは遅れるでしょう。カラリとした秋晴れの日が多く、運動会などにはよさそうです。
降水量は、8月から10月にかけてほぼ平年並みの見込みです。

今後は台風にも注意を

これまで台風の発生は少なかったですが、今後は太平洋西部の熱帯域で対流活動が活発化するため、やはり例年同様台風への警戒は必要です。秋にかけての季節の進みがゆっくりな分、台風シーズンが長引くおそれもあります。日頃からの台風への備えは大切です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい