足立の花火 最新天気 2016 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

足立の花火 最新天気 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
関東の実況天気

関東の実況天気

豪雨レーダー

豪雨レーダー

花火シーズン到来!夏休み最初の週末は全国所々で花火大会が開催予定。東京では7月23日(土)は、「足立の花火」(東京都足立区)です!気になる最新の天気は?場所とりのポイントは?

足立の花火は高密度花火!最新天気は?

きょう2016年7月23日(土)は、「足立の花火」(東京都足立区)です!足立の花火は高密度花火!午後7時半〜8時半の60分間に約13500発もの花火が打ち上がります!幅300メートル!伝統の特大ナイアガラは必見です。
◆気になる足立区の天気◆
足立区のポイント予報では、晴れマークが並んでいますが、花火が打ち上がる午後7時半〜8時半の時間帯うっすらとした雲が広がりやすいとみています。ただ、雨が降ることはない見込み。空模様を気にすることなく花火が楽しめそうです。浴衣を着ていこうと思っている方も、浴衣を濡らす心配はなさそうです。
◆気になる気温◆
花火打ち上げの時間帯の気温は、24度くらい。夜は昼よりも湿度が上がるため、蒸し暑くなりそうです。風通しの良い服装で、ウチワと水分、汗拭きタオルをもってお出かけを。東京は昨日(22日)、一昨日(21日)と最高気温は21度〜22度。5月上旬並みの涼しさでしたが、きょう(23日)は3日ぶりの25度以上の夏日となっています。夜でも熱中症には要注意!こまめに水分補給を行いましょう。
※きれいな花火鑑賞の気象条件※
晴れて、風が2メートル〜3メートルのそよ風程度(まったくの無風だと煙が流れないのでNG)。23日の足立区は東北東の風3メートルくらいで、気象的にはGOOD!

場所とり 北側がおすすめ!

花火見物のポイントは、風上に陣取ること。風下だと、煙で花火がきれいに見られないことがあります。足立の花火は荒川を挟んで北側(堤北側)と南側(堤南側)にわかれています。花火が打ち上がる時間帯は、上空は東北東から北東の風が予想されているため、北側(堤北側)がよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい