東日本 7月下旬は気温が低め 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東日本 7月下旬は気温が低め

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
1か月予報

1か月予報

21日、気象庁は1か月予報を発表。最新の情報によりますと、東日本で真夏らしい日が続くのは、少し先になるかもしれません。以下、詳しい内容です。21日、気象庁は1か月予報を発表しました。この先1か月、沖縄付近は太平洋高気圧に覆われやすい一方で、本州付近では相対的に太平洋高気圧の北への張り出しが弱いと予測されています。
東日本は7月下旬にかけて、上空の寒気や冷たい東よりの風の影響で、気温が低くなり、1か月を通しても気温が低い予想が発表されました。日照時間は、東日本太平洋側で少なく、真夏らしい日差しも、控えめとなるでしょう。東日本で真夏らしい日が続くのは、少し先になりそうです。
<気温>
1か月を通してみると、気温は、東日本では平年並みか平年より低い予想が出ています。北日本は、平年並みでしょう。特に、7月23日~29日にかけての期間が、東日本で低い、北日本で平年並みか低い予想が出ています。7月下旬は、太平洋高気圧が張り出して、猛暑が続くという可能性は低い見込みです。
ただ、7月30日~8月19日にかけては、東日本、北日本も平年並みの暑さになりそうです。
一方で、西日本は、平年並みか高い、沖縄・奄美は平年より高い予想で、こちらは、夏らしくうだるような暑さが続く見込みです。
<降水量>
東日本や北日本の太平洋側で平年並みか多いでしょう。北日本の日本海側や西日本は平年並みの見込みです。沖縄、奄美は平年並みか少ないでしょう。
<日照時間>
東日本は太平洋側は、日照時間が平年よりも少ないでしょう。東日本の日本海側や北日本の太平洋側は、平年並みか少ない、北日本の日本海側と西日本は平年並みで、真夏らしく強い日差しが照りつけそうです。沖縄、奄美は、平年並みか多いでしょう。
※北日本・・・北海道、東北 東日本・・・関東甲信、北陸、東海 西日本・・・近畿、中国、四国、九州


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい