週末 関東に夏空まだこない 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週末 関東に夏空まだこない

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックすると、10日間予報へ!

図をクリックすると、10日間予報へ!

21日は、関東は朝から雨で傘の手放せない天気になりました。22日も、関東は断続的に雨が降り、朝は激しく降る所もあるでしょう。近畿以西では暑さが続くものの、23日にかけては関東など、この時期としては涼しく感じられる所もありそうです。以下、詳しい内容です。7月22日(金)~24日(日)にかけて、晴れる所が多いですが、関東や東北の太平洋側、東海は雲が広がりやすく、特に、22日(金)と23日(土)は、この時期としては涼しく感じられそうです。
<関東甲信>
22日もすっきりしない天気。昼すぎ頃までは、雨が断続的に降りそうです。雨の止み間は多くなるものの、降り方には油断ができないでしょう。局地的に発達した雨雲がかかり、22日午前中いっぱいは雷を伴って、激しく降る所もある見込みです。23日は雨はほとんど上がりますが、湿った北東の風が入るため、雲が多くすっきりしない空模様が続く見込みです。23日になると、多少日差しも出てきますが、まだ夏空とはいかないでしょう。
22日もヒンヤリと感じられるでしょう。最低気温は、内陸部で20度を下回りそうです。また、日中は、21日と同じぐらいの涼しさが続きそうです。半袖でヒンヤリと感じられた方は、長袖を1枚お持ちください。その後、23日、24日と日毎に気温が上がります。ただ、それても30度に届かない所が多く、平年を下回って、夏のこの時期としては、しのぎやすいでしょう。
<九州・中国・四国・近畿・北陸>
22日は、強い日差しが照りつけて、暑さが続く見込みです。ただ、午後になると局地的に雨雲が発達するでしょう。範囲は狭いですが、九州や四国、近畿、北陸では、所々でにわか雨がありそうです。午後は空の変化にはご注意ください。23日は、各地とも比較的安定した夏空となりそうです。ただ、24日は、湿った空気が流れ込みやすくなり、多少雲が広がりやすくなるでしょう。
<東海・東北太平洋側>
東海や東北の太平洋側は東から湿った空気が流れ込んで、雲が広がりやすく、日差しは控えめでしょう。気温もこの時期としては低く、仙台は3日間とも最高気温が23度前後の予想です。東北北部太平洋側には、低温に関する気象情報が発表されています。農作物の管理などにご注意ください。東海地方もいったん暑さが落ち着きそうです。暑い名古屋も金土日は、徐々に気温が下がり、真夏日が途切れるでしょう。
<北海道・東北日本海側>
晴れる日が続くでしょう。気温は30度近くまで上がり、ほぼ平年並みといえそうです。紫外線が強いため、屋外での活動は、日差しを避ける帽子や日傘などが必要でしょう。
<沖縄>
比較的安定した夏空でしょう。波は比較的穏やかで、海水浴日和となりますが、海のレジャーは事故のないように気をつけてください。また、厳しい暑さが続きますので、熱中症にも注意が必要です。
22日は二十四節気の「大暑(たいしょ)」。暦の上では、一年で最も暑さが厳しい頃ですが、関東や東北(太平洋側)、東海は週末の暑さはいまひとつと言えそうです。夏らしくならず、残念に思う方がいらっしゃる反面、猛暑や紫外線が苦手な方にとっては、割合楽に過ごせる週末になるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい