九州南部や四国 熱帯低気圧に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州南部や四国 熱帯低気圧に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
実況天気図

実況天気図

熱帯低気圧が、夜には種子島や屋久島に近づくでしょう。九州や四国には、熱帯由来の非常に暖かく湿った空気が流れ込むため、所々で雨や雷雨となり、局地的に激しく降るおそれもありますので注意が必要です。

九州南部や四国は局地的に激しい雨の恐れ

東シナ海を熱帯低気圧が北上しています。夜には種子島や屋久島付近に近づく予想です。今後、発達することはなさそうですが、熱帯地方の非常に暖かく湿った空気を運んでくるため、九州や四国地方は大気の状態が非常に不安定になります。所々で雨や雷雨がある変わりやすい天気となるでしょう。一度雨が止んだとしても油断はできません。再びザーッと強い雨や滝のような激しい雨が降ってくる事もあるでしょう。そんな雨に遭遇すると、道路が急に川のようになったり、川が増水する事もあるでしょう。また、落雷や突風の恐れもありますので注意が必要です。中国地方も所々でにわか雨や雷雨がありそうです。

東海から九州、沖縄は厳しい暑さが続く

近畿や東海は夏空が広がるでしょう。強い日差しがジリジリと照りつけそうです。また、東海から九州や沖縄は、今日も厳しい暑さが続きます。気温がグンと上昇し、最高気温は33度前後まで上がる所が多いでしょう。内陸では35度以上の猛暑日(京都、佐賀)になる所もありそうです。湿度が高く、蒸し暑いので、引き続き熱中症に注意して下さい。

関東から北海道の太平洋側は暑さが和らぐ

天気図を見ますと、今日の本州付近は日本海に中心を持つ高気圧に覆われます。高気圧の中心に近い、北陸から北海道の日本海側は晴れ間の広がる所が多くなるでしょう。北海道の天気も回復し、日中は暑くなる見込みです。予想最高気温は、札幌は25度、旭川は27度で、北海道はきのうよりグンと気温が上昇し、半袖の陽気が戻ってくる見込みです。
一方、関東から北海道の太平洋側は雲が広がりやすくなり、日差しが弱まります。これは、日本海に中心を持つ高気圧から吹き出す北風や東風が流れ込んでくるためです。初めは北風のため、晴れ間が広がりますが、次第に湿った東風が流れ込んでくると雲が広がりやすくなります。また、本州の上空には寒気も流れ込んでくるため、関東地方は気温が上がる午後を中心に大気の状態が不安定になります。今朝は、東京都心や千葉県などを発達した雨雲が通過しました。千葉県の我孫子では午前5時31分までの1時間に53.5ミリの非常に激しい雨を観測しましたが、午後は関東北部を中心ににわか雨や雷雨となり、局地的に激しく降りそうです。この後のお出かけにも雨具があると安心です。
また、東風は涼しい風を運んでくるため、気温が上がりにくくなるでしょう。関東と東北の太平洋側は、最高気温は30度以下の所が多くなる見込みです。東京は29度、仙台は27度と、暑さが少し和らぐでしょう。この涼しい東風の影響は、明日の方が顕著にでるでしょう。明日の最高気温は東京は24度、仙台は23度の予想です。曇りや雨のため、ぐっと涼しく感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい