梅雨明け三日 強い日差しと厳しい暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨明け三日 強い日差しと厳しい暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
19日9時の予想天気図です

19日9時の予想天気図です

    

    

海の日の今日、九州から東海で梅雨明けが発表されました。日差しの力で気温はグンと上がり、猛暑日の所も。夏空と、うだるような暑さ、ひとまず明後日まで続く見込み。梅雨前線は消え去り、九州から東海にかけて高気圧の圏内。各地で、夏の日差しが照りつけています。
午後2時までの最高気温は、高知県四万十市中村で35度6分、静岡県の浜松市佐久間で35度7分など、猛暑日の所も。
このあと更に気温が上がり、猛暑日地点が増えそうです。明日から明後日も、九州から東海にかけては晴天。
日中の気温は33度前後の所が多く、内陸部は35度くらいまで上がる所もある見込みです。
強い日差しのもとでは、さらに高温になります。
外出の際は、出来るだけ日陰を選んで歩いたり、日陰や帽子を使って直射日光を遮るようにしましょう。
ノドが渇く前に、意識的に水分を摂るなど、熱中症対策を万全にしてお過ごしください。

木曜日以降 雲が多めに

木曜日からは、高気圧の勢力が弱まってくる見込みで、湿った空気が流れ込みやすくなってきます。
日差しはあっても雲が多めで、スッキリした青空の所は少なくなってきそうです。
最高気温は広く30度以上ですが、35度以上の猛暑日の所はない見込みです。

山のレジャー 夏空でも天気急変に注意

梅雨明け十日という言葉があるように、梅雨明け後、しばらくは安定した晴天が続き、山のレジャーに適、と言われています。
ただ、明日と明後日は、上空に寒気がジワジワと流れ込んでくる予想。
平地はスッキリ晴れていても、山ではにわか雨に注意が必要です。
明日の午後は主に九州で、明後日は東海にかけても、山沿いを中心に急に雨雲が湧いてくる恐れがあります。
山のレジャーを計画しているかたは、天気が急変することを想定しておくと良さそうです。
また、湿った空気が流れ込みやすい木曜日以降は、上の図にある通り、各地で降水確率が30%前後とやや高め。
平地でも雨の降る可能性あり。最新の情報、こまめにご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい