17日 九州から近畿、北陸 雷に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17日 九州から近畿、北陸 雷に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックすると最新の全国の天気予報へ

図をクリックすると最新の全国の天気予報へ

17日は全国的に雲が多めの天気となりそうです。梅雨前線の影響で、九州から近畿、北陸は所々で雨や雷雨でしょう。東北も低気圧の影響で雨が降ったりやんだり。全国的にすっきりしない空模様が続くでしょう。

九州から四国、近畿、北陸 雷雨に注意を

17日は梅雨前線による雨雲が東へと移動します。
上の図は、17日午前9時の予想天気図です。
17日午前9時の時点では、近畿付近に前線の活動が活発な部分(図の赤丸)がみられ、前線の南側にあたる九州南部や四国、近畿には暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
そして前線の活動が活発な部分は夜にかけて、東へと移動します。
九州南部や四国、近畿にかけて、所々で雨や雷雨となるでしょう。
九州南部は朝まで、四国や近畿は夜のはじめ頃まで、落雷や突風にご注意ください。
前線に近い北陸も昼前後はカミナリを伴って、雨脚が強まるでしょう。

東北は低気圧の影響で・・・

17日は日本海に低気圧が発生して、秋田沖に進む見込みです。
この低気圧の影響で、東北は雨が降ったりやんだりの一日になりそうです。
傘が手放せないでしょう。
一時的に雨脚が強まることもありそうです。

雨なのに・・・九州から東北南部の最高気温は30度以上!

下の図をご覧になると、17日は前線や低気圧の影響で、全国的に曇りや雨の一日に。
ただ、最高気温の予想をみてみると、九州から東北南部にかけて、30度以上の所が多い予想です。
これは南からの湿った空気が東北南部にかけて流れ込むためです。
また、湿気も多く、汗が乾きづらい不快な暑さになりそうです。
汗拭きタオルやハンカチなど多めに持ち歩くとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい