曇雨天多く 夏空まだ先に 1か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

曇雨天多く 夏空まだ先に 1か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

まもなく、子どもたちは夏休み。平年では関東にかけては広く梅雨明けとなる頃ですが、今年は安定した夏空となるのはまだ先となりそうです。7月後半も曇りや雨の日が多くなるでしょう。最新の1か月予報をまとめました。

7月後半もまだ曇りや雨の日多く

7月後半も太平洋高気圧の北への張り出しは弱く、本州付近は前線の影響を受けやすいでしょう。
平年では続々と梅雨明けの発表がある頃で、子供たちの夏休みとともに夏空が広がりますが、今年はまだぐずついた天気の日が多くなりそうです。
九州から関東、北陸では7月後半は平年に比べ、晴れる日が少ないでしょう。
特に西日本では雨量が多くなる可能性もあります。
まだ大雨に注意が必要な時期が続きそうです。
気温は向こう1か月間では平年並みですが、7月後半は平年並みか低く、猛暑になる日は少ない見込みです。
また、東北や北海道ではオホーツク海高気圧からの冷たい空気が流れ込むでしょう。
曇りや雨の日が多く、気温は平年より低くなりそうです。

8月は九州~関東 夏空多く、再び厳しい暑さ

8月上旬になると、ようやく、九州から関東では夏空の広がる日が多くなるでしょう。
九州から近畿では、気温は平年並みか高く、猛暑になる所もある見込みです。
東海や関東、北陸も平年並みの予想で、真夏らしい厳しい暑さとなるでしょう。
熱中症に警戒が必要な日が多くなりそうです。
一方、東北や北海道では8月上旬になってもすぐには晴天は続かず、まだ、曇りや雨の日が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい