活発な雨雲 あすにかけて九州南部へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活発な雨雲 あすにかけて九州南部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

13日の九州は、活発な梅雨前線の影響で断続的に雨が降り、大雨になっています。活発な雨雲は九州をゆっくりと南下しており、今夜は激しい雨の中心は九州南部へ移る見込みです。

これまでの雨の状況

きょう13日は、活発な梅雨前線が対馬海峡から九州を次第に南下しています。雨雲の動きが遅いため、九州北部は激しい雨が降り続いています。
対馬市下対馬付近では13日午前4時20分までの48時間で約300ミリの雨が降ったとみられ、50年に一度の記録的大雨になりました。長崎県平戸市で1時間に56.0ミリ、長崎県長浦岳で1時間に58.5ミリと、昼前後に非常に激しい雨が観測されました。
7月8日の降り始めから13日午後4時までの雨量は、九州北部の多い所は300ミリを超えており、熊本県多良木町で448.5ミリ、阿蘇市乙姫で437.5ミリとかなり多くなっています。九州は大雨で地盤が緩んでいる所が多く、特に熊本県で著しく地盤が緩んでいます。この後ももうしばらく土砂災害に厳重に警戒が必要です。

活発な雨雲は九州南部へ

午後4時現在、発達した雨雲は長崎県南部から熊本県、大分県南部、宮崎県北部にかかり、激しい雨が降っています。この後、今夜にかけて次第に南へ下がり、九州南部で局地的に激しい雨が降るおそれがあります。九州南部の多い所では、あす夕方にかけての雨量が150ミリになる見込みです。

14日 鹿児島で激しい雨

あす14日は、梅雨前線が九州南部から九州南岸付近へ南下する見込みです。九州北部は前線が離れ、天気が持ち直し、晴れ間がのぞく所もあるでしょう。
前線に近い九州南部は天気がぐずつき、鹿児島は昼前後まで激しい雨が降るおそれがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい