九州 梅雨末期の大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 梅雨末期の大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

あす(13日)は活発な梅雨前線が九州をゆっくり南下するため、九州は局地的に猛烈な雨が降り、かなりの大雨となるおそれがあります。あす(13日)にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒が必要です。

九州 猛烈な雨が降るおそれ

きょう(12日)は梅雨前線が対馬海峡付近に停滞しています。あす(13日)はこの梅雨前線がゆっくり九州を南下し、活動が非常に活発となる見込みです。九州は各地で雨が降り、雷を伴い短時間に非常に激しい雨が降る所があるでしょう。所によっては1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれもあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に厳重に警戒が必要です。

夜間の大雨に警戒を

過去の大雨災害を見ると、夜間に大雨が降り、大きな被害が出ている事例が多く見られます。夜間は雨の状況が分かりにくく、また暗いため避難に危険を伴うことなどが理由として挙げられます。
あす(13日)は、九州北部地方では未明から1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。今夜は外の雨の状況に十分に注意してください。また、夜間に避難しなければならないときには、周囲の状況を十分に確認して行動する必要があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい