夏休みの天気 日本気象協会発表

tenki.jp
日本気象協会は「2016年夏休みの天気傾向」を発表しました。気になる梅雨明けや夏休みの予報をチェックして、旅行などの参考に。最新の詳しい予報は10日間予報も確認。

西日本や奄美・沖縄を中心に、晴れて暑い日が多い

7月下旬から8月上旬にかけては、西日本(近畿~九州)や奄美・沖縄は晴れて暑い日が多いでしょう。
地上付近の気温が高く、夜間も気温が下がりにくいため、『熱帯夜』となって寝苦しい日が続くでしょう。

梅雨明けは? 関東はお盆の頃から暑さが厳しい

一方で、太平洋高気圧の北への張り出しが弱いため、梅雨前線が東日本から北日本付近に停滞しやすい見込みです。
そのため、関東や北日本(北海道・東北)は曇りや雨の日が多いでしょう。
ただし、あまり気温は低くならず、蒸し暑い日が多いでしょう。
梅雨明けは、九州北部から東海は平年並みですが、九州南部・北陸・関東甲信・東北は平年より遅くなりそうで、特に東北は8月にずれ込む可能性もあります。
しかし、お盆休みに入る8月中旬からは太平洋高気圧の北への張り出しが次第に強まり、奄美・沖縄から関東の広い範囲で、夏らしい晴れて暑い天気となりそうです。
厳しい残暑が続き、『猛暑日』や『熱帯夜』となる日も多く、秋の訪れは遅くなるでしょう。
前日に比べ急に暑くなる日などは、熱中症に十分な警戒が必要です。
東北や北海道では天気が数日の周期で変わりますが、次第に晴れる日が多くなるでしょう。

各地域の天候のポイント

【北海道・東北(北日本)】
8月上旬にかけて曇りや雨の日が多いですが、気温は平年並みでしょう。
東北地方の梅雨明けは平年より遅くなりそうで、8月にずれ込む可能性もあります。
8月中旬以降は、天気が数日の周期で変わりますが、次第に晴れる日が多くなるでしょう。
【関東甲信・北陸~九州(東・西日本)】
西日本(近畿~九州)を中心に晴れて、『猛暑日』や『熱帯夜』となる暑い日も多いでしょう。
関東地方は、8月上旬まで曇りの日が多くなりそうですが、その後は西日本と同様に晴れて暑い日が多くなる見込みです。
渇水が続く関東北部の降水量は平年並みの予想で、渇水状態の続く恐れがあります。
梅雨明けの時期は、九州から東海は平年並みですが、関東や北陸ではやや遅くなる可能性があります。
【奄美・沖縄(南西諸島)】
7月下旬は曇りや雨の日が多いですが、次第に晴れる日が多くなるでしょう。
気温は平年より高い日が多く、8月中旬以降も残暑が厳しい見込みです。

熱中症対策のポイント

今年の夏休みは、暑い日が多くなりそうなため、熱中症に警戒が必要です。
特に、以下のような日は熱中症になりやすいと言われており、十分な対策が必要です。
【熱中症に要注意な日】
①梅雨明け直後に、急に暑くなる数日間
②数日気温の低い日が続いた後、再び暑くなる日
③疲労がたまったり、身体が冷房の涼しさに慣れてしまいがちな、お盆休みが明けた頃
なお、この情報は2016年7月12日時点の予測資料から作成したものです。
最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイト「tenki.jp」http://www.tenki.jp/ でご確認ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック