梅雨空は東海や北陸まで広がる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨空は東海や北陸まで広がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
気象衛星

気象衛星

今日は梅雨前線がやや北上し、雨の範囲が東海や北陸まで広がります。九州と中国地方は、局地的に非常に激しく降り、大雨になる恐れがあります。特に、九州北部は今夜遅くから13日昼過ぎにかけてが雨のピークです。

九州と中国地方は非常に激しい雨に警戒

今日は梅雨前線がやや北上し、西日本に停滞するでしょう。この前線に向かって、熱帯由来の非常に暖かな空気が流れ込みます。今朝は、玄界灘から日本海に発達した雨雲が次々と発生していますが、これらの発達した雨雲がかかりやすい九州や中国地方では、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る恐れがあります。特に、九州北部では、今夜遅くから明日(13日)昼過ぎにかけて、1時間に70ミリの非常に激しい雨の降る所もありそうです。
1時間に50ミリ~70ミリの雨というと、滝のようにゴーゴーと音を立てて降る状態です。傘は全く役立ちませんし、水しぶきであたり一面が白くなり、視界が悪くなるほどです。こんな雨が降ると、土砂災害など発生しやすくなります。
心配なのが雨のピークが夜間にあたることです。暗闇では危険を感じにくいため、避難が遅れるケースがあります。高齢者など不安な方は早めに避難しておくと良いでしょう。大雨や落雷などにより停電が発生するかもしれませんので、懐中電灯など明かりを灯せるものを用意しておいたり、携帯ラジオで常に最新情報を入手できるようにしておきましょう。
明日13日午前6時までの24時間に降る雨の量は、多い所で、九州北部は250ミリ、九州南部は150ミリ、中国地方は120ミリの見込みです。
九州ではこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水や氾濫にも警戒して下さい。
そして、今日は雨の範囲が広がり、九州から東海や北陸にかけて傘の出番です。四国や近畿も雨や雷雨でしょう。東海も雲に覆われ、昼前後に一時的に雨が降る見込みです。北陸も雲が多くなり、昼過ぎから雨が降ったり止んだりするでしょう。
一方、関東から北海道は大体晴れますが、関東は夜遅く雨の降り出す所がありそうです。

猛暑収まる

昨日、猛烈な暑さになった近畿から関東は、日差しが弱まるため、最高気温は昨日より低くなるでしょう。35度の猛暑日になる所はほとんどなさそうです。東京や大阪、広島、福岡は31度の予想です。昨日35度に達し、今年初めて猛暑日になった名古屋は29度と、30度に届かない予想です。ただ、湿度が高く、一段と蒸し暑くなるでしょう。食品管理にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい