関東~近畿は猛暑 九州は大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東~近畿は猛暑 九州は大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
11日21時予想天気図

11日21時予想天気図

今日は梅雨の晴れ間が広がる所が多いでしょう。特に、関東から近畿は気温がぐんぐん上昇し、猛暑になる所がありそうです。一方、九州は梅雨前線の活動が活発です。激しい雨や大雨に引き続き警戒して下さい。

北海道から近畿は強い日差し 猛暑日の所も

今日は、北海道から近畿地方にかけては、高気圧に覆われます。晴れて、強い日差しが照りつけるでしょう。関東から近畿にかけては、日中の気温はぐんぐん上昇し、猛暑日になる所もありそうです。岐阜や京都は36度、熊谷・甲府・飯田・名古屋は35度の予想です。名古屋は今年初めての35度以上になるかもしれません。直射日光を避けて、木陰を選んで歩くなど、熱中症対策を心がけましょう。また、都市部はコンクリートで覆われているため、足元からの照り返しで、足元の気温が非常に高くなります。ベビーカーなどで小さいお子さんをお連れになる場合、子供は大人より暑く感じていますので、大人が十分に気を付けてあげてください。また、涼しさを運んでくれる夕立はほとんどなさそうです。洗濯物は干したまま外出しても安心です。
一方、北陸や東北南部は真夏日になる所もあり、暑いでしょう。東北北部は25度前後、北海道は25度以下で快適でしょう。

九州は引き続き大雨に警戒

九州や四国付近に梅雨前線が停滞します。前線に向かって、太平洋高気圧の淵をまわるように、暖かく湿った空気がどんどんと流れ込みます。このため、前線の活動は活発となり、雨雲が発達しやすい見込みです。前線に近い九州と四国は雨や雷雨が続き、激しく降る所もあるでしょう。また、中国地方も雲が広がりやすく、所々で雨や雷雨がある見込みです。
あすの朝にかけて、多い所で九州南部は150ミリ、九州北部は120ミリの雨が予想されています。
鹿児島県内之浦では8日からの雨量が538ミリとなっていいます。これは6月一か月に降る雨と同じくらいの雨が、わずか3日間で降ってしまったことになります。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。宮崎県と鹿児島県には「土砂災害警戒情報」が発表されていますので、この後も引き続き厳重に警戒をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい