6日 東北で大雨 関東も雷雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 東北で大雨 関東も雷雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
クリックすると最新の雨雲レーダーへ!

クリックすると最新の雨雲レーダーへ!

6日は梅雨前線が東北付近に延びて、停滞する見込みです。前線付近にあたる東北地方では、非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。関東北部でも午後は雷雨の所があるでしょう。5日は、東海から西は強い日差しで朝から堪える暑さとなり、多治見と京都で37度と猛烈な暑さになりました。
気温の上がった西日本では局地的に雨雲が発達をして、奈良県の川上村付近で約100ミリ、香川県のまんのう町付近で約90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。
その他もあちらこちらで雨雲が発達をしています。
梅雨末期で、大雨の降りやすい時期です。引き続き、大雨に警戒をして危険を感じたら早めの避難が必要です。
一方、関東や東北の太平洋側では北東からの湿った空気が流れ込み、厚い雲に覆われ、涼しいくらいの体感となりました。
東京の最高気温は25度6分でしたが、これは未明に観測された気温で、日中は20度~21度台で経過し、猛烈な暑さから逃れられました。
6日は、梅雨前線が西から東北地方に延びて、停滞する見込みです。南から前線に向かって、湿った暖かい空気が流れ込み、前線付近で積乱雲が発達しやすい状況になるでしょう。
東北の秋田や山形、盛岡では、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、6日午後6時までの雨量は180ミリと予想されています。東北地方では、梅雨入りして以来一番の大雨となる恐れがあります
土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに十分ご注意ください。

関東も雨 北部では雷雨も

6日の関東地方は、雲が多いながらも、時々雲の切れ間から日がさす見込みです。
昼すぎからは北部の山沿いを中心に雷雨となる恐れがあります。ザッと強い雨が降ることもある見込みです。突風や落雷などにも注意が必要です。
東京都心でも雷鳴や稲光、激しい雨など、荒れた天気になった4日ほど不安定な状況ではありませんが、南部でも天気が変わりやすいでしょう。洗濯物は、午後は部屋干しにした方が良さそうです。
日が差す分5日日中より7度以上気温が上昇し、6日は30度前後まで上がるでしょう。
いったん涼しくなった後、急にまた暑くなります。湿度も上がって、熱中症にかかりやすくなりますので、ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい