関東から九州 にわか雨や雷雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東から九州 にわか雨や雷雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
天気図

天気図

関東から九州は大気の状態が不安定です。山沿いを中心に所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。太平洋側は晴れ間も出ますので油断しがちですが、急な天気の変化に困らないよう雨具を準備しておくと安心です。

関東から九州 大気の状態が不安定

きょうは梅雨前線が本州を横切るように停滞します。
前線に向かって湿った空気が流れ込む九州から北陸の日本海側では梅雨前線の活動が活発です。この地域は曇りや雨で、局地的に激しい雷雨があるでしょう。
関東から九州にかけての太平洋側は、気温が上がる午後を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。晴れ間も出ますが、山沿いを中心に急な雨や雷雨がありそうです。お出かけには「晴れ&雨兼用の傘」があると安心です。
東北や北海道は雲が広がりやすく、午前中は雨の降る所もありますが、午後は東北や北海道南西部では晴れ間が出てきそうです。

猛暑日の地点は減少するが 蒸し暑さは続く

昨日(3日)は関東から九州、沖縄で猛烈な暑さになりました。最高気温が35度以上の「猛暑日」になった所は今年最多の42地点でした。東京も35度4分まで上がり、今年初めての「猛暑日」でした。
今日の東京の予想最高気温は32度で、昨日より3度低い予想です。昨日に比べると日差しが弱いため「猛暑日」にはならない予想なのです。
関東から九州にかけて「猛暑日」の所は少なくなりますが、それでも名古屋や京都で34度で「猛暑日」に迫る勢い。日田市で35度まで上がる予想です。厳しい暑さと蒸し暑さは続きますので、引き続き熱中症に注意が必要です。

台風1号の今後の動き

台風はマリアナ諸島を時速15キロで北北西に進んでいます。6日はフィリピンの東で強い台風になり、7日に沖縄の南に接近してくる見込みです。このため、先島諸島では6日ごろから波が高くなるなど、台風の影響が出来てきそうです。
台風が沖縄付近に近づいてくると、本州付近に停滞している梅雨前線の活動が活発になり、本州付近で大雨になる事もあります。台風から離れているからといって油断できませんので、今後の台風の動きに注目して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい