九州 あすまで大雨に警戒!

tenki.jp
きょう29日の九州は、活発な梅雨前線の影響で、断続的に雨が降り、大雨となっています。九州は、あす30日まで大雨が降りやすく、引き続き警戒が必要です。 雨の状況 きのう28日から、梅雨前線が九州付近でたいへん活発になっています。九州の西海上から次々と発達した積乱雲が流れ込み、九州各地に激しい雨を降らせています。 今週27日(月)からきょう29日午後4時までの総雨量は、宮崎県えびの市で432.0ミリ、鹿児島県霧島市溝辺で415.5ミリ、熊本県阿蘇山で280.5ミリなど、九州南部ではこの3日間で総雨量が400ミリを超えた所もあり、雨量が多くなっています。 梅雨前線 あすも九州で活発 今夜、九州はいったん雨の止み間が増えますが、あす30日は再び活発な梅雨前線が、九州北部から南部へ南下する見込みです。このため、あす30日の九州は全般に雨で、明け方から昼ごろは雷を伴い一時激しく降る所があり、再び大雨のおそれ があります。あす30日にかけて予想される雨量は、九州の多い所ではさらに150ミリの見込みです。 先週から続く大雨の影響で、地盤が非常に緩んでいる所が多くなっています。さらに激しく降る雨で、土砂崩れが発生する危険性が高まります。 崖の近くにお住まいの方などは、異変を感じたらすみやかに避難するようにしましょう。また避難が難しい場合は、部屋の中でも1階の山側を避け、できれば2階の山から遠い方に避難した方がよいでしょう。また、河川の増水や氾濫にも警戒し、増水した川や用水路には近づかないようにしましょう。 7月初めはいったん大雨は一段落 7月1日から5日ごろは、一時的に太平洋高気圧が強まり、梅雨前線は九州の北へ北上する見込みです。九州は高気圧の周辺部になるでしょう。大雨のおそれは小さくなりますが、大気の状態が不安定で、所々にわか雨が降る可能性があり、かなり蒸し暑くなる見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック