北海道 観測史上1位の雨 多数! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 観測史上1位の雨 多数!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

北海道では今月、記録的な雨の量となっています。
6月の中旬から下旬にかけて度々大雨となり、6月の降水量は北海道各地で平年の2~3倍、場所によっては4倍以上を観測。
6月としては観測史上1位の降水量を記録した地点も多くありました。

北海道の約3割で史上1位

今月これまでに北海道内で最も多く雨が降ったのは登別市カルルスで、611.0ミリ。
平年の3倍以上の雨が降っており、先日、登別では土砂崩れや道路冠水の被害も出ています。
しかし、地図で見てみると、観測史上1位の雨は局地的なものではなく、道内各地に広がっているのが分かります。
北海道の225地点ある降水量の観測地点のうち、昨日までに月降水量が6月の1位となったのは、実に69地点。
北海道全体の約3割の地点がこれまでで最も雨の多い6月となりました。

しばらくは雨が多そう

雨が多いことで、日々の生活はもちろん、土砂崩れなどの災害、農作物への影響なども懸念されますが、
今後一か月の見通しを見ても平年より雨の多い状態は続く見込み。
もうしばらくは、雨に悩まされる日々が続いてしまいそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい