佐賀県六角川 はん濫危険情報発表 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐賀県六角川 はん濫危険情報発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
九州の雨雲レーダー

九州の雨雲レーダー

佐賀県中部を流れる1級河川六角川に午前9時20分、「氾濫危険水位(レベル4)」に到達し、氾濫危険情報が発表されました。六角川の堤防決壊等によって浸水の恐れがあります。以下、詳しい内容です。梅雨前線が西日本に停滞し、前線活動の活発な状態が続いています。
佐賀県の白石町では午前8時45分までの1時間に51.5ミリの非常に激しい雨が降り、
その付近では、断続的に土砂降りの雨が続いています。
佐賀県中部を流れる1級河川六角川は、
きょうの午前9時20分頃に「氾濫危険水位(レベル4)」に到達しました。
これは避難勧告等の発令の目安となるレベルです。
佐賀県の武雄市、小城市、杵島郡大町町、杵島郡江北町、杵島郡白石町では、
六角川の堤防決壊等によるはん濫により、浸水の恐れがあります。
川の付近には絶対に近づかなようにしてください。
市町村からの避難情報をご確認し、適切な防災行動をとって下さい。
また、九州ではこのあとも局地的に非常に激しい雨が同じような所で続く恐れがあり、
河川の急な増水や氾濫、土砂災害に厳重な警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい