豪雨の後も激しい雨 梅雨空いつまで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

豪雨の後も激しい雨 梅雨空いつまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

記録的豪雨となった九州は、明日もバケツをひっくり返したような大雨の恐れ。雨がいったん止んでも油断は禁物。関東から九州は週末にかけても梅雨空で、蒸し暑さが続きそう。

明日22日 西日本を中心 また大雨

21日は、九州で記録的な豪雨となりましたが、22日も油断はできません。
梅雨前線の活動が活発になるため、西日本を中心に大雨になる恐れがあります。
雨雲が特に発達しやすいのは九州で、すでに大雨になっている所に、さらに雨量が増える心配があります。
上記の9時から12時の予想をみますと、熊本など九州北部で、土砂降りの雨になりそうです。
局地的には、傘をさしていてもぬれてしまったり、道路が川のようになったりするでしょう。
22日に予想されている雨だけでも、山崩れやがけ崩れが起こりやすくなるほどですが、これまで記録的な大雨になっている所もありますので、少しの雨でも土砂災害が起こる恐れがあります。
斜面や増水した川には、絶対に近づかないで下さい。

東日本・北日本の雨は?

予報では、傘のマークは、西日本が中心ですが、東日本や北日本も所々で雨が降りそうです。
「雨の降りやすい時間帯」は、東海や関東、北陸、東北は夜でしょう。
ただ、雨は降っても、局地的で、関東の水がめで水不足が解消するほどの大雨は期待できそうにありません。
梅雨のない北海道も、曇りや雨で、東部ほど雨が降りやすくなりそうです。
こちらも、強く降る雨ではありませんが、お出かけには雨具をお持ちになると、安心です。

次の梅雨の晴れ間は?

雨の降りやすい天気は、いつまでかと言いますと…東京は26日日曜日頃まで続きそうです。
梅雨の晴れ間は、27日月曜日頃まで、おあずけでしょう。
洗濯物は、部屋干しや乾燥機などで、こまめに片づけるのがオススメです。
そのほかの地域の詳しい予報は「10日間予報」を、ご覧ください。
関東から九州では、週末にかけては、梅雨らしく、蒸し暑さも続くでしょう。
東京の最高気温は、連日30度近い予想です。
食品の管理や体調管理に、十分、お気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい