梅雨前線活発 太平洋側は激しい雨注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨前線活発 太平洋側は激しい雨注意

tenki.jp

明日、21日は夏至ですが、昼間の長さを実感できるのは沖縄くらいとなりそうです。梅雨前線が活発で九州から関東の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。今週は梅雨前線が西日本を中心に活発になりやすい状況が続きそうです。

今日は九州や四国に活発な雨雲

今日、20日は、九州や四国に梅雨前線に伴う活発な雨雲がかかり、大雨となっている所があります。
長崎県の有川や愛媛県の宇和など所々で滝のような非常に激しい雨が降りました。
大雨による土砂災害の恐れがあるとして、熊本県では避難指示のだされている所もあります。

明日(21日)にかけ 九州から関東の雨の降り方注意

明日、21日にかけても梅雨前線が九州から関東沖に延び、前線付近では大気の状態が非常に不安定です。
九州から関東の太平洋側を中心に雨雲が発達しそうです。
活発な雨雲のかかる時間帯は九州や四国、近畿、東海は午前中、関東はお昼前後でしょう。
西日本を中心に激しい雨の降る所があり、東海や関東でも土砂降りになることもありそうです。
活発な雨雲の動きを把握するには、下記リンクの「豪雨レーダー」も活用なさって下さい。

今週 梅雨前線が活発

22日(水)以降も梅雨前線は本州付近に停滞しやすく、梅雨前線が活発になる日があるでしょう。
特に、広い範囲に発達した雨雲がかかりやすいのが、23日(木)と25日(土)です。
激しい雨や大雨となる恐れもあり、注意が必要です。
また、高温多湿な空気の流れ込みが続くため、日差しは少ないものの、九州から東北南部にかけて、蒸し暑さが続くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい