梅雨前線が本州付近で活発に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨前線が本州付近で活発に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
予想天気図

予想天気図

ほぼ全国的に雨が降るでしょう。九州から関東の太平洋側、東北の日本海側、北海道は局地的に雷を伴い激しく降り、大雨になる所もあります。東京は昼過ぎから雨で、夜は雨脚が強まりそうです。

九州から関東の太平洋側 雨脚が強まる

今日は梅雨前線が本州付近に北上し、前線上を低気圧が北東に進むでしょう。このため、本州付近には大雨をもたらす暖かく湿った空気が流れ込みます。九州から関東の太平洋側は雨脚の強まる所もあるでしょう。
九州から近畿は夕方まで雨が降る見込みです。
太平洋側ではカミナリを伴い、激しく降る所もあるでしょう。今朝は鹿児島県や宮崎県に竜巻注意情報が発表されました。また、熊本県や鹿児島県、宮崎県では昼過ぎにかけて局地的に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあるでしょう。
【雨の予想】 1時間雨量→鹿児島県60ミリ、宮崎県と熊本県は50ミリ。
あす朝までの24時間に予想される雨量は、鹿児島県で150ミリ、宮崎県と熊本県で120ミリの見込みです。
大雨による土砂災害などにはご注意下さい。
東海は昼前から、関東は昼過ぎから、北陸は夕方から雨になるでしょう。
東海や関東などの太平洋側は、夜になるとカミナリを伴い雨脚の強まる所がありそうです。雨の降り方にご注意下さい。

東北や北海道でも激しい雨に注意

別の低気圧が日本海を北東に進むでしょう。北日本の上空には寒気が流れ込んでいることに加えて、地上付近にはいつもよりも暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になります。東北はすでに雨が降っていますが、日本海側は昼前にかけて雷を伴った激しい雨の恐れがあります。北海道も昼過ぎから雨が降り出し、雨の範囲は次第に広がっていきます。北部や太平洋側でも夕方以降は雨になるでしょう。
【雨の予想】北海道では1時間に30ミリのバケツをひっくり返したような雨が降る恐れもあります。
あす朝までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所ですが、太平洋側の西部で150ミリ、日本海側南部120ミリ、太平洋側東部で100ミリの見込みです。
大雨による土砂災害、川の増水、落雷や突風、ひょうには注意してください。
一方で、沖縄は昼前から晴れて、強い日差しが照りつけそうです。今日は沖縄の梅雨明けの発表があるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい