15日 関東から北海道で雨の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 関東から北海道で雨の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

15日は午前中は天気の崩れは少ないものの、午後から内陸部を中心ににわか雨や雷雨がありそうです。また、湿度が高く梅雨らしい蒸し暑さです。14日は関東から西の地域では晴れ間の出た所が多くなりました。
よく晴れた所も最小湿度が40%以上となり、蒸し暑い体感だったと思います。
14日南海上に停滞していた梅雨前線は、15日、16日とゆっくりと北上してきます。
15日は、次第に湿った空気が入るため、更に湿気が多くなり、梅雨らしい蒸し暑さとなるでしょう。
部屋の中でも風通しを良くして、食品の管理などにもご注意ください。

15日 雲の広がりやすい天気

はじめ晴れ間の出る所もありますが、午後はだんだん雲が多くなってくるでしょう。
上空に寒気がやや南下する影響もあって、大気の状態がやや不安定となります。
関東北部や、近畿、北陸、東北、北海道は、多少は晴れ間の出ることもありますが、
夕方以降は所々で雨が降る見込みです。
新潟県ではザッと強い雨が降り、雷雨になる所もありそうです。
急な雨に備えて、折り畳みの傘などを備えていたほうがいいでしょう。
また、16日にかけて、ゆっくりと北上する梅雨前線の影響で
九州南部や四国の一部では15日夜から次第に雨が降り出し、雨足が強まりそうです。
落雷や突風などにもご注意ください。
九州北部から中国地方にかけては、日本海側ほど晴れ間の出ることもあるでしょう。
太平洋側を中心に午後はだんだん厚い雲がかかりそうですが、
15日いっぱい天気の崩れはほとんどない見込みです。
沖縄は昼前後は雨で、雷を伴って激しく雨の降る所もあるでしょう。
これまでの大雨で地盤の緩んでいる所もあり、土砂災害にも警戒が必要です。

16日 早ければ沖縄で梅雨明けか

15日は、雲の広がりやすい天気の所が多いものの、
16日になると、広い範囲で雨が降り出すでしょう。
九州から、中国、四国にかけて、一日雨が降ったりやんだりで傘が手放せません。
近畿から東海、関東、北陸にかけても午後から次第に雨が降るでしょう。
外出には傘が必要です。
尚、関東地方はダムの水不足が深刻化していますが、ダム周辺での雨量は少ない見通しです。
早めに節水を心がける必要があります。
東北や北海道は雲の多い天気で、こちらは広い範囲ではなく所々で雨が降るでしょう。
そして、沖縄は木曜以降は雨はほとんどなく、晴天が続く見込み。
早ければ、16日、沖縄の梅雨明けが発表されるかもしれません
沖縄で梅雨明けとなれば、梅雨前線が北へ押し上げられているということですから
本州で本格化な大雨シーズンに入ってくる頃です。
雨に関する情報が多くなってきますので、今後の気象情報には十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい