九州は激しい雨の恐れ あす朝は関東も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州は激しい雨の恐れ あす朝は関東も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
12日(日)から13日(月)の天気ポイント

12日(日)から13日(月)の天気ポイント

12日は沖縄、九州、中国、四国で局地的に滝のような雨の恐れ。活発な雨雲が夜は近畿にも。13日は東海、関東、東北も。東京近郊は13日朝の通勤時に激しい雨のピーク。

12日は九州や四国で滝のような雨 13日の通勤時に雷雨の所は?

九州の南に延びる梅雨前線の活動が活発。きょう(12日:日曜)は九州から四国を中心に雨の降り方に注意が必要です。
雨雲は西からじわじわと広がってきます。

①沖縄は今朝、局地的に激しい雨が降りました。きょう(12日:日曜)の沖縄は、ひとまずピークが過ぎつつあります。ただ、あす(13日:月曜)は再び激しい雨の降る恐れがあります。
②九州は午後6時頃まで活発な雨雲が通りやすい状況が続きます。
南部を中心に1時間に50ミリから60ミリの、まるで滝のように非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
あす(13日:月曜)の朝6時までに予想される雨量は
鹿児島県で200ミリ、宮崎県と奄美地方で150ミリです。
※土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒が必要です。
あす(13日:月曜)の午前中にかけて雨の降りやすい状態が続くでしょう。
③中国、四国も昼頃には広い範囲に雨雲がかかります。
四国の太平洋側を中心に局地的に激しい雨が降るでしょう。
雨はあす(13日:月曜)の朝までとなりそうです。
④近畿は夕方から次第に雨が降り出す見込みです。時間が遅くなるにつれて雨脚が強まり、
今夜遅く(夜9時頃~)からあす(13日:月曜)の朝5時前後までは激しく降る所もありそうです。
※あす(13日:月曜)の朝、早い時間から通勤、通学などでお出かけの方は雨の降り方にご注意下さい。
⑤北陸と東海は日中は晴れ間の出る所がありますが、夜8時前後には所々で雨が降るでしょう。
日付がかわる頃からあす(13日:月曜)の朝7時前後までは雨脚の強まる所もありそうです。
⑥関東甲信越は午前中は日差しが出ますが、昼過ぎからは雲が多くなるでしょう。
日中いっぱいは雨が降ることはなさそうですが、夜9時以降、所々で雨が降り出す見込みです。
特に関東南部と山梨はあす(13日:月曜)の午前5時前後~午前10時前後まで活発な雨雲がかかりやすいでしょう。つまり、東京近郊は朝の通勤や通学の時間(ラッシュ時)に激しい雨のピークが重なる恐れがあります。
※地面から跳ね返る雨粒で足元やズボンの裾が濡れてしまったり、風も強めに吹いて、傘を差していてもスーツが雨に濡れてしまったりするかもしれません。タオルやハンカチなどをいつもより多めに持つと良いでしょう。
⑦東北と北海道は晴れますが、大気の状態が不安定です。
一時的に雨が降ったり雷雨になる所がありそうです。屋外の活動は空模様の変化にご注意下さい。
なお、東北はあす(13日:月曜)は日中いっぱい雨が降ったり止んだりで、降り方が強まる所もありそうです。
北海道はあす(13日:月曜)は所々で雨が降りますが、にわか雨程度となるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい