3か月予報 梅雨は大雨 その後猛暑へ

2016/05/25 18:38

この3か月は、平年よりも気温の高い日が多いでしょう。特に、梅雨明け後は太平洋高気圧の張り出しが強まり、西日本から東日本を中心に暑さが厳しくなりそうです。降水量は7月が西日本、東日本、北日本ともに平年並みか多い予想で、梅雨末期の大雨などに気をつける必要があります。最新の3か月予報です。

6月・7月・8月の予報は?
6月・7月・8月の予報は?
梅雨時期は大雨に、梅雨明けは猛暑に注意 6月から8月にかけての最新の3か月予報が発表されました。 降水量は、北日本、東日本、西日本ともに平年並みか多い予想となっています。 沖縄・奄美はほぼ平年並みでしょう。 3か月の中で7月は、北日本、東日本、西日本ともに平年並みか多い予想が出ています。 7月ともなれば、例年雨の多い梅雨末期の頃と重なりますので、大雨に注意が必要です。 また、気温は平年よりも高い日が多いでしょう。 沖縄・奄美は6月、7月、8月ともに平年よりも高い予想です。 北日本、東日本、西日本は、6月はいずれも平年並みか高く、7月は平年並みとなっています。 8月は北日本はほぼ平年並みですが、東日本は平年並みか高い、西日本は高いと予想されています。 沖縄・奄美は夏を通して厳しい暑さになりそうですが、 西日本と東日本は夏の後半になるほど平年より暑くなることが懸念されます。 すでにこの5月中、急に気温が上がる日に熱中症搬送者数が増えています。 屋外の活動は熱中症に気をつける必要がありますが、 暑い夏に向けて、熱中症にかからないような強い体をつくることも大切です。 こまめに水分や休憩をとりながら、1日30分程度はウォーキングやランニングを行うように心がけましょう。
長期予報(3ヶ月)
長期予報(3ヶ月)
大雨や猛暑の理由は? 大雨や猛暑が懸念される理由としては、 太平洋高気圧の張り出し方が変わってくると予想されるためです。 高気圧が南から勢力を広げ、日本付近を覆うほど、日本に晴天と暑さをもたらします。 今年の太平洋高気圧は平年に比べて、日本の南で西への張り出しが強まることが予想されています。 このため、高気圧の縁辺に沿って、湿った空気が日本付近に流れ込みやすい状況となり、 梅雨の間は、平年に比べて雨の量が多い予想です。 今年は今後ラニーニャ現象が発生する可能性が高いとされています。 ラニーニャ現象は、太平洋高気圧を強めて日本に猛暑をもたらす傾向にあります。 このため、梅雨明け後は次第に南からの太平洋高気圧の張り出しが強まって、厳しい暑さになるでしょう。 特に、西日本から東日本を中心に暑さが厳しくなりそうです。 まもなく梅雨前線が北上すると、いよいよ九州や四国、本州も「梅雨入り」となりますが、 雨のシーズンを前に、大雨の備えや暑さを乗り切る対策を考えておいた方がいいでしょう。 ※北日本は北海道・東北地方、東日本は関東甲信、東海、北陸地方、西日本は近畿、中国、四国、九州としています。

あわせて読みたい

  • 3か月予報 8月全国的に猛暑の夏 秋も高温続く

    3か月予報 8月全国的に猛暑の夏 秋も高温続く

    tenki.jp

    7/22

    梅雨明け早く酷暑 残暑厳しい 3か月予報

    梅雨明け早く酷暑 残暑厳しい 3か月予報

    tenki.jp

    6/25

  • 多雨のち猛暑長く続く 3か月予報

    多雨のち猛暑長く続く 3か月予報

    tenki.jp

    6/23

    東日本 7月下旬は気温が低め

    東日本 7月下旬は気温が低め

    tenki.jp

    7/21

  • 3か月予報 夏の高気圧張り出し弱め 梅雨に影響か

    3か月予報 夏の高気圧張り出し弱め 梅雨に影響か

    tenki.jp

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す