九州 夏(6~8月)の天候 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 夏(6~8月)の天候

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう(25日)、6月から8月にかけての3か月予報が発表されました。
梅雨から夏にかけての見通しにあたる今回の3か月予報のポイントは、「梅雨末期の大雨」と「猛暑」です。

梅雨末期の大雨に注意!

九州の梅雨入り平年日は、九州南部が5月31日、九州北部が6月5日と、本格的な雨の季節が迫ってきています。
6月の降水量の予想は、九州南部は「平年並みか平年より多く」、九州北部は「平年並み」の見込み、7月は九州南部・九州北部とも「平年並みか平年より多く」なる見込みです。例年よりも梅雨の降水量が多くなる理由は、太平洋高気圧の周辺に沿って九州に湿った空気が流れ込みやすく、例年以上に梅雨前線の活動が活発になるためです。今年は、熊本地震の影響で地盤が緩んでいるおそれもあり、大雨により一層の注意・警戒が必要でしょう。

梅雨明け後、夏空安定・猛暑

8月の九州の気温は、平年より高く、猛暑になるでしょう。ラニーニャ現象が発生し、梅雨明け後は太平洋高気圧が一気に勢力を強めるためです。8月は安定した夏空が多くなり、最高気温が35度を超える猛暑日も例年以上に多くなる恐れがあります。今年の九州は3年ぶりに非常に暑い夏!社会生活や健康管理など、様々な面で影響が出る恐れがありますので、今後の天候の推移に注目をしておく必要があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい