30度以上の所は減少 でも、蒸し暑い

tenki.jp
東京都心の10日間天気
拡大写真

東京都心の10日間天気

きょう25日は広い範囲で雨。最高気温はきのうより低く、30度以上の真夏日の予想は沖縄のみ。ただ、全国的に湿気が多くなり、ムシムシとした不快な暑さに。 日差しの暑さなし でも南から暖かく湿った空気 今朝8時現在、全国的に雲が多く、西日本を中心に広い範囲で雨が降っています。 日中も広く雨が降る見込みで、特に、沖縄と九州南部では雨脚が強まるでしょう。 カミナリを伴って激しく降る所もある見込みです。 雨雲を発達させるのは、南から流れこむ「暖かく湿った空気」です。 日中の気温は、きのうよりも低くなる所がほとんど。 22日(日)からきのうにかけて、3日連続で真夏日地点が100地点以上と、広い範囲で例年よりかなり気温の高い状態が続きました。 きょう、30度以上になることが予想されているのは、那覇をはじめ沖縄のみ。 北海道と東北は22度前後、 北陸や関東から九州にかけても25度前後の所が多く、きのうほどは上がらない見込みです。 ただ、湿度がグンと高くなり、ムシムシとした暑さに。 特に、駅など、人が多く集まる所では、かなり不快な暑さとなりそうです。 また、屋外の作業やスポーツなどは、気温がそれほど上がらなくても、熱中症に要注意。 下のリンク「梅雨入り前でも蒸し暑い 熱中症注意(望月予報士の記事)」にあるように、湿度が高い日は汗が乾きにくいので、体に熱が溜りやすくなります。定期的に休憩をとって、保冷剤などで体の熱を冷ますなど、体調管理を心がけてください。 しばらく蒸し暑さが続く この先一週間も、南からの湿った空気の影響を受けます。 図は、東京都心の、この先の天気ですが、 6月1日にかけては、スッキリ晴れる日がない見込みです。 晴れ間のある日も、雲が多めで湿度も高い。気温は25度以上の日がほとんどで、蒸し暑いでしょう。 体調管理に加え、食品の管理にも注意が必要になりそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック